闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

仕事に自己犠牲を求めるな

f:id:kaigobilly:20190508110523p:image

職員の中にまれに

 

  • 休憩時間を削って利用者の対応をしている
  • 休みの日に利用者の頼まれ物(買い物など)をしている
  • 休みに出てきて利用者対応をしている(緊急時を除く)
  • 職場に物品が足りなく、寄付という形で職場に提供している

 

こういう人、いませんか?

 

続きを読む

全体レクだけがレクじゃない

f:id:kaigobilly:20190507010936p:image

今日はレクリエーションについてです。

介護現場では、日々色々なレクリエーションが

(職員が一生懸命ネタを考えて)行われています。

 

 

しかし現在でこそ、種類も色々なものが行われていますが、

 

まだ多くの施設は、

「全体レク」

が、多く行われています。

 

「は〜い、皆さん体操の時間ですよ!集まってくださーい!(フロア職員総出で誘導する)

いきますよー!」

利用者「シーン…」

 

という光景になりやすいアレです。

 

こうなりやすい理由として

  • 利用者がレクを行える・理解できる状態の人が少ない
  • 内容が薄い
  • 職員が盛り上げようとして空回る
  • 忙しいため時間が十分にとれなく、簡単なものになりやすい

 

などがあげられます。

 

なので、

  • 風船バレー
  • オリジナルの体操(しかも毎回同じ内容)
  • みんなで歌う

 

といったものになりやすくなるのでしょう。

 

ただし、それを楽しみにしている人ももちろんいるため、一概に否定するものでは勿論ありませんが。

 

 

何も、

全体レクにこだわる必要はないのです。

 

理想としては、

個々の生活歴、好みを調べ、できる限りそこに合うようなものが提供できればいいのですが、

現実には難しいでしょう。

 

なので、

 

なるべく似た心身状態・嗜好を持つ人を何人か集めて、小規模で行ってはどうでしょうか。

 

それをグループ分時間を分けて行います。

同じ時間に行うのではなく、時間をずらすということです。

 

準備も少なくて済むし、大規模な移動もする必要がありません。

 

 

それに、好む内容は人それぞれです。

 

職員とじっくり話しをしたい人もいるでしょう。

それをレクリエーションにしちゃいましょう。

 

そういう希望を持つ人たちがいたら儲けものです。

レクとして時間をとってあるので、

 

「利用者としゃべってばかりで…」 

 

と、

会話をサボりと考えてるような職員対策にもなるし、

 

ここぞとばかりに生活での困りごとやこれからしたいこと、理想としてる姿は何かなどを雑談の中から掴めるチャンスです。

 

それをケアマネに繋ぐ。

プランの見直しに繋げられますね。

 

 

体が動く人達のグループは、朝ラジオ体操のCDをかける等もいいと思います。進行はCDがやってくれるから楽ですね。

 

ラジオ体操は世代問わず浸透しているので良いと思います。

身体も温まってちょうど良いと思います。

 

 

全介助の人たちであれば、介助中に身体のマッサージやフットケアなどを。

 

 

状態が一人ひとり違う人たちを全員集め、

 

同じ時間に、

同じ内容を、

 

行おうとするから空回るのではないでしょうか。

 

デイサービス等では、プログラムを自分で決めるところも多くあります。

 

施設とは利用者の状態も違うので同じことは難しいかもしれませんが、

出来る工夫はまだあると思います。

 

 

ゆくゆくは

 

「施設だからできること」

 

を構築できればいいですね。

一人で仕事を抱えすぎないで

f:id:kaigobilly:20190506065820p:image

ふだん介護現場で仕事をしていると、突発的に増える業務があると思います。

  • 行事などの企画〜当日の段取り〜振り返り
  • 事故などの検証のデータ取り
  • 対応検討のための検証 
  • 会議の企画〜当日の段取り
  • 各種委員会

などです。

 

続きを読む

施設の広報、SNSの使い道

f:id:kaigobilly:20190502063858p:image

令和最初のブログです。

令和もよろしくお願いします。

 

今回は、施設の広報についてです。

広報とは、

 

  • 家族に送付する「●●だより」等と称した紙もの
  • 外部向けのパンフレット
  • 各種SNS、ホームページ

 

などが多いのではないでしょうか。

施設によっては、介護職員が担当(残業して…)作っていたり、資金力があるところでは、外注しているところもあるかと思います。

 

 

その広報ですが、内容はだいたい、

 

  • 施設の外観、設備
  • 行事の一コマ

 

などがほとんどを占めているものをよく見かけます。

 

設備面などの情報はともかく、毎回毎回行事の様子ばかりだと、

 

ふだん利用者はどのように過ごしており、

職員はどんな人がいて、

施設の雰囲気はどうなのか

 

が、全然イメージできません。

 

行事はどこの施設も大体行っているでしょう。

それでは他の施設の広報と大差なく、読まれなかったり、施設のイメージがわかりにくく見学や利用申し込みにもつながりにくいです。

特に宣伝を目的とした広報であれば尚更です。

 

 

また、家族に送ることを目的とした場合でも同じです。

行事は月に数えるほどしかないことが多く、時間も限られています。

内容も限定的なものがほとんどです。

 

仮に毎月広報を送っているとして、月の広報がそのことだけだったら、

 

「ウチの人は普段は何してるんだろう、どんな風に過ごしてるんだろう…」

 

と、思うのではないでしょうか。

 

それでは見ても面白くないし、もしかしたら

 

「普段何しているのか、どんな扱いをしているのかわからない」

 

と、あらぬ疑いをかけられたりする可能性もあります。

 

一生懸命作って(作らされて)いるのに、

これでは報われませんね。

 

 

なので、せっかく作るなら楽しんで作りましょう。

 

例えば、

 

職員紹介を兼ねたリレーコラム(内容は自由で)

会議の様子

普段の介助の様子

休憩中の一コマ

プライベートの一コマ

 

利用者の過ごしている様子

フロアの様子

利用者インタビュー

食事の様子(食事形態問わず)

生活のエピソード

看取りのエピソード

 

などはどうでしょう。

 

勿論、利用者、職員共に許可、理解を得た人に限ります。

 

読み物として面白いのではと思います。

それに、飾らない普段の様子が書かれていれば、信頼感があるので施設紹介としても役に立つのではないでしょうか。

 

 

現代は様々なツールがあり、情報も取りやすい時代です。

 

どうせなら作る側も見て楽しめるようなものが作れるといいですね。