闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

ケアプランはシンプルに

f:id:kaigobilly:20190712223107p:image

介護関係者なら、

 

ケアプラン

 

を知らない人はいないと思います。

 

ケアプランがないと、

 

利用者が今どういう状態・状況で、

何に困っており、

どういう生活を送りたいのか、

そのためにどのような支援をしていけばいいのか等がわかりませんよね。

 

 

本来であれば、

その部分をアセスメントで割り出して、

(普段の状態観察が重要になります)

 

「●●さんには●●のサービスを●●の頻度で提供します」

 

と、具体的なサービスメニューを提示するわけですよね。

 

 

利用者の状態屋置かれた環境は人によって当然違うので、

100人いれば100通りのケアプランになるわけです。

 

 

しかしこれが、

 

施設

 

になると、

 

ほとんど似たようなプランになることが多いです。

 

施設という特性上、

在宅での生活が難しい人が利用します。

 

当然、介護度も高く、

 

認知症

拘縮

寝たきり

 

などの人の割合がどうしても多くなります。

 

そこに、

集団生活という縛り

(食事、入浴、排泄、レクなどの提供時間の固定化など)

 

が重なると、

 

十分な個別対応が難しい

体力面や病状などから利用者の「できることやニーズ」の幅が狭まる

 

などの理由から、

 

「体調管理を行う」

「歩行時は付き添いを行う」

「その人に適した食事を提供する」

 

などというサービス内容が使われてしまうのです。

 

 

でも、

これはある意味仕方のないことかもしれません。

 

そこまで状態が低下しており、その人が安心安楽に過ごすためにはこういったサービスが必要

なわけですから。

(十分アセスメントをし、多職種で協議をするのが大前提であり運営基準ですが)

 

そういったニーズの人が多いということです。

 

 

であれば、

 

体調観察や見守り付き添いなど、

ほとんどの人に適用されるサービス内容があるのなら、

 

それを施設の業務マニュアルとすれば良いのです。

 

 

そうすることで、

 

サービス内容をシンプルにでき、利用者や家族にもわかりやすくなります。

(ただでさえ、ニーズがどうとか目標がどうとか長々書いてあって相手からしたらわかりづらい書式なので)

 

そもそも、

上記で例にあげたようなものはわざわざサービス内容にしなくても、

 

当たり前に行うことです。

 

何か目的や狙い、利用者の希望などがない限りは、

サービス内容に入れなくても良いのではと思いますし、

私はケアマネ時代はそういったプランを立て、

一つのニーズ、目標に対してサービス内容は、

原則一つか二つに絞っていました。

 

こうすることで、

 

利用者、家族への説明をできる限りシンプルにわかりやすくできると共に、

モニタリングも楽になり、業務効率がはかれます。

 

そのうえで、サービス内容に記載されるものは、

「個別ケア」

となりますよね。

 

その人のためだけに行うサービス。

 

例えば、

 

「●●さんと●●の店で一杯やりたい」

 

というのも立派な目標になります。

 

その目標達成のために何ができるかを考えると、そうそう同じようなサービス内容にはならないでしょう。

 

施設のケアプランは金太郎飴プランだの何だのと揶揄されることもないでしょう。

 

というか、

プランを見て、

皆同じようなニーズやサービス内容でどの利用者のものかわからないようなプランでは良くないでしょう。

ニーズやサービス内容が他の人と重なることはあるかもしれませんが、

ニーズからサービス内容まで全てがほぼ一緒ということは、本来であれば考えにくいことです。

 

 

 

その人の生活背景、

その人の習慣、

その人の想い、

その人の好きなことや嫌いなこと、

その人の取り戻したい生活、

その人の望む最期、

 

利用者本人と接することはもちろん、

できる限り家族ともコミュニケーションを取り、

各職種のそれぞれの専門的見解を入れ、

柔軟な考えでプランを作っていきたいものです。

 

 

 

 

 

 

想いは溜めずに発信しよう

f:id:kaigobilly:20190712005634p:image

 

SNSやブログなどをしている方が多くいます。

 

それは、

日記のようなものだったり、

体験したことの共有だったり、

情報収集だったり、

コミュケーションだったり。

 

様々な目的で使っていると思います。

 

(中には悪口雑言も見受けられますが…)

 

今日はそんな各ツールの使い方についての私の考えを書きます。

 

 

介護の仕事を続けるにあたり、

こうした各ツールは非常に役立つと思います。

 

研修などの情報収集をしたり、

仲間づくりをしたり…

 

その中で私がいちばん役立つと思うことは、

 

仕事で感じたことを思いのままに書く(個人情報や職場の情報漏洩に注意して)

研修などで学んだことを書く

仕事の気づきなどを書く

 

などです。

 

こうすることで、

 

自身への備忘録

字にすることで気持ちの整理ができる

知識の再確認

 

などにつながります。

 

また、せっかく学んだことや体験事例を職場で共有しようにも、

なかなか理解されないことがあると思います。

「どうせ言っても無駄だから言わない」

では、せっかくの経験が勿体ないです。

 

だったらいっそのこと外部に向けて発信しちゃえば良いのです。

共感してくれる人や意見してくれる人は必ずいるので、それが更に自身の糧になります。

(むしろそっちの方がためになるかもしれません)

 

それにメモと違いSNSやブログは、

不特定多数の人が見ることになるため、

 

自然と言葉にも注意をはらうようになり、

責任を持った言動をとれるようになるし、

得た情報をまとめ、自分の言葉として発信できるようになります。

 

人様が見るのに適当なことは書けませんよね。

 

 

また、仕事や研修での「感情」は、

時間が経てば徐々に薄れ、体験時の空気やその時感じたことを思い出すのも難しくなってきます。

 

そういったことを書くことで、その時の感情を思い出すことにもつながります。

 

ゲームで言うなら中断セーブ

(その時の進行状況の記録)

といったところでしょうか。

 

この「中断セーブ」を介護であてはめると、

ロードする(書き込みの読み返しをする)と、

「その時の状況やその時の心境が頭の中で再現されること」

となりますね。

 

 

これらの「セーブデータ」をストックしておけば、

後で読み返すこともでき、

ふとした場面で何かのヒントやきっかけにつながることにもなります。

 

私も実際、過去にPC内でメモとして書いていたものが、

数年後にとある利用者の事例で約に立ったことがありました。

 

また、ある程度文章をまとめていたため、

それをほぼそのまま社内研修の資料として採用されたこともありました。

 

 

使い方を間違えると、世間を騒がせてしまうことになるインターネットですが、

情報漏洩や人格攻撃や差別などでなければその時の気持ちをあるがままにそのまま書いていいと思います。

 

誰かに遠慮する必要はありません。

色々な考えを持つ人がいるので、

肯定されようが否定されようが気にする必要もないでしょう。

 

飾り気のない純粋な気持ちを持ち、言葉にするのは良いことだと思います。

それがストレスの軽減にもなります。

 

こうした「伝える技術」も、

自身や仲間のレベルアップに大切なことです。

 

 

ゆくゆくは、このブログも精度を上げ、

研修の資料などにそのまま使えるレベルにまでなれればと考えています。

 

日々勉強ですね。

 

 

 

 

都合よく「利用者の気持ち」を使い分けるな

f:id:kaigobilly:20190711203230p:image

介護現場で、

 

「利用者の気持ちに寄り添った対応を」

「利用者の心境を考えて」

 

といった言葉を耳にすることがあると思います。

 

それは対人援助職として当たり前のことだし、

相手の気持ちを考えて行動する必要があると思います。

 

 

ところが、この

 

利用者の気持ち

 

を、都合良く利用している場面があります。

 

例えば、

 

「●●さん、トイレ行きたくないって行ってたから誘導しませんでした」

 

「●●さん、風呂入らないって言ったから入れませんでした」

 

なんてわかりやすいですかね。

 

ところがこれが、

「(イレギュラーな時間に)起こして欲しい」

 

「まだ起きて(寝て)いたい」

 

「(トイレ誘導対象外な人が)トイレに行きたい」

 

話が長い人

 

となると、

 

「利用者の訴えを鵜呑みにするな」

 

と他の職員に言われるわけです。

 

 

何が言いたいかというと、

 

職員にとって負担となるものや自分のやり方と異なる対応の場合は利用者の気持ちを理由にやりたがらない、もしくは否定する

 

ということです。

 

また、コミュニケーションが難しい利用者などは更にその傾向があります。

 

 

それを裏付けるように、介護現場に入らない管理職や他の職種は、現場にとって負担となるような内容でも、利用者の訴えをそのままこちらに依頼(指示)してきます。

 

 

確かに、利用者の訴え全てをそのまま鵜呑みにはできないこともあります。

上手く想いを伝えられない人もいます。

 

しかし、

利用者にとっては、

自身に起きたことが「事実・現実」なのです。

 

そりゃ訴えたくもなりますよね。

 

ニーズなのかデマンドなのか、

それは対象者と長く接していないとわからないし、

それでもわからないこともあります。

 

 

ただ、

 

「利用者の気持ちを考えて」

 

などと言うなら、状況によって態度を変えないで、

分析するなり話し合ったりするなりして、

その人が求めているものに少しでも近づけるよう考えていくのが務めだと思います。

 

好き嫌いや面倒さ楽さなどで都合よく

「利用者の気持ち」

を使い分けないで下さい。

 

 

 

 

人のミスを指摘する前に

f:id:kaigobilly:20190711145252p:image

 

仕事をしていると、

 

「●●さんの後排泄入ったら漏れていた」

「●●さんの後フロア入ると不穏になっている」

「●●さんていつも仕事が遅い」

 

などと、

 

直接言われたり間接的に言われたりした経験はないでしょうか?

 

私はあります。

正直、腹立ちますね(笑)

 

怠けているならともかく、

 

大抵はそうなった経緯があるのですから。

 

 

今日はそういった「人のミスへの指摘をする人」について書いていきます。

 

 

まず言いたいことは、

 

本当にその人のせいなのか?

 

ということです。

 

毎回毎回漏れているのか?

毎回毎回不穏になっているのか?

 

たまたまなのかもしれません。

 

排泄でいえば、

特に男性の排泄は陰茎の向きなどで漏れる漏れないは大きく変わってきます。

必ずしもその人のせいでない場合もあります。

 

 

 

 

次に仕事のスピード。

 

人間相手なので、

 

必ずしもスムーズに進むとは限らないし、

仕事の進め方も人により違います。

 

仕事が遅い理由は、

 

介助が丁寧だったり、

その人と重視するポイントが違っていたり、

利用者とのコミュニケーションを多めにとっている場合もあります。

 

それが、後々になって利用者が落ち着いて過ごしたり、クレームが少ないことにつながる場合もあります。

 

 

また、

 

ただ「仕事が遅い」とだけ言われても、

明らかにサボってるならともかく、

ほとんどの職員は、

 

頭の中で仕事の流れを組み立て、

その時できる力を最大限使って仕事をしているはずです。

(そうしないと終わらないからね…)

 

 

更に介護の仕事は、非常に多岐に渡ります。

 

自分の仕事の仕方が他より速いか遅いかなんて気にしてる暇もないし、

 

仕事のどの部分が人に比べてどれくらい遅くて、

後の業務にどれくらい影響を与えてるかまでを

言われなきゃわかりません。

 

 

ただ「遅い」と言うだけで、

 

「後は自分で考えろ」

 

では、答えにたどり着くまでに時間がかかるし、

その間の他の職員のストレスも解消しません。

 

 

だから指摘するなら、

 

具体的に教えろよっ!

 

と思います。

 

 

具体的に指摘してもらったうえで、

自分に足りないところを改善していくにはどうしたら良いかを考えるのはスキルアップにもつながると思います。

 

 

 

仕事中、特にユニットケアのような一人仕事では、

こちとらそこまで考えて仕事をしているのです。

 

それを頭ごなしに、

しかも具体的な理由やポイントも言わずにただ表面的な指摘だけを言われれば面白くないですね。

中には、「自分の介護を否定された」と思う場合もあるでしょう。

 

そう思ってしまうと、

チームワークの乱れにつながりますね。

 

 

 

かといって、

何も指摘をしないのもこれまた問題です。

 

 

特にユニットケアのような一人仕事の場だと、

自分の仕事ぶりを客観的に見る場がないため、

実は未熟な介護技術だったり、

無意識に不適切な対応をとっている場合があります。

 

これは教えてもらわないと気付くのは難しいでしょう。

特に経験が長く、ある程度自分のスタイルが固まっているような場合は。

 

良くも悪くも「自分流」が染み付いている場合があります。

 

 

 

 

なので、人のことを指摘する前に、

 

毎回そうなのか

発生前の様子はどうなのか

その人にとっての理由はあるのか

それは介助のどの部分で、そのせいで何がどれくらい影響されているのか

 

くらいは調べてください。

 

 

一緒に行動して、明らかに利用者に負担がかかっている介助をしているなど、

経緯や内容がわかればその場で話してもいいと思います。

 

後になってその場面だけを切り取って話すからこじれるのです。

 

 

後になって指摘したいなら、役職に相談して役職から話してもらうほうが良いでしょう。

言われる側も冷静に話ができます。

 

 

いちばんやってはいけないのが、

頭ごなしに否定して、自分のやり方を押し付ける言い方です。

 

「あなたのやり方は絶対正しいのかよ?」

と思います。

 

理路整然と指摘するならまだしも、大抵そういう人は感情的に話してくるのでまともな話し合いになりません。

 

そうならないためにも、役職などの第三者に話してもらったほうがよいでしょう。

 

 

また中には、

相手のミスを探してネチネチと言ってくるような人もいます。

 

こういう人は、

相手のミスを見つけて自分が優位に立っている

自分の方が仕事ができると思い込む

 

ような考えの人です。

 

その人たちに言います。

 

まやかしです。

 

そんな暇があったら本の一冊でも読んだほうがよほどためになります。

 

人のことを観察するより利用者の観察をしてください。

 

 

仕事の目的は何なのか考え、お互い気持ちの良い職場にしていきましょう。

 

 

 

 

実習生に仕事をさせるな

f:id:kaigobilly:20190707195209p:image

介護施設には時々

 

実習生

 

が来ると思います。

 

来てると場の空気が変わったり気を引き締めたりできるので私は好きです^_^

 

 

今日はそんな福祉現場に来る実習生についてです。

 

知っての通り実習生は

 

実習(勉強)

 

に来ています。

 

なので、事業所は、

 

カリキュラムにそい、

介護現場での

 

勉強

 

を教えなければなりません。

 

当然ですよね。

見学に来ているわけでもボランティアに来ているわけでもなく、

授業の一環として来ているわけですから。

 

 

しかし、中には、

 

ちょうどいい人手が来てくれたと

 

掃除

衣類たたみ

下膳

 

などの、雑用をさせているケースがあります。

 

私も実習生に対するそういった扱いを目にしてきました。

 

何のために実習に来ているのでしょう?

わざわざ授業の一環として来ている実習に、

掃除や片付けをさせるのが実習なのでしょうか?

そのためにわざわざ準備をし、自分の時間も授業の時間も使っているのに?

 

 

こんな光景を見たことはないでしょうか。

 

職員に付いて歩く実習生。

業務内容を説明しながら業務をする職員。

そのため、仕事の進みは遅くなる。

 

実習生に、

「じゃあ、テーブル拭きとゴミ掃除をお願い」

「この洗濯物をたたんでおいて」

「フロアの掃除をお願い」

 

等と依頼し、その間に業務を進める。

 

一応、

「何かあったら呼んでね」

とは伝えておく。

 

 

または、こんな例。

 

「利用者さんとお話ししてて下さい」

 

とだけ伝える職員。

「(何をどう話せばいいの…?)」

と実習生は思うでしょう。

 

 

 

どうでしょう?

 

私自身、今まで実習生を見てきて、こういう指示をされた人はかなり多くいました。

 

最初に書いたとおり、

 

実習生は勉強に来ています。人手でも何でもありません。

 

実習生が、

 

何を学びに来ているのか。

 

その目的を達成するための説明、必要なら介護技術の伝達

 

そちらの方が重要です。

 

それは、

言葉遣いや礼儀、

要介護となった利用者の心理、それに対する配慮、

声かけの仕方や観察ポイント、

リスク回避、

専門用語、業界用語の意味、

記録の書き方などの説明です。

 

 

掃除や片付けなどは何の意味ももちません。

 

また、様々な生活歴や病歴がある高齢者に、

いきなり「お話ししてて下さい」

というのも良くないでしょう。

 

そういった人たちとのコミュニケーションは

ほぼ素人なのですから。

場合によっては双方に不利益があることもあります。

 

 

 

それからもう一つ注意点。

 

食事介助や二人介助での移乗をさせていることもあります。

 

直接介助はもってのほかです。

特に食事介助は。

我々は介助中意識したり無意識のうちに色々な所に注意を配りながら行なっています。

 

職員として当たり前のことですよね。

それができる知識や技術もあるし、

職員なので利用者の情報を得ることもできます。

 

ところが実習生は、

 

技術も知識も未熟で、

職員ではないので利用者の情報も得ることはできません。

 

介護施設では、

食事介助など、失敗したら命に直結するものがあったりします。

 

簡単にさせていいものではありません。

 

それに何かあった時責任を問われるのは事業所になります。

 

どうしても必要なのであれば職員相手のほうがいいでしょう。

 

それと、排泄や入浴はできるだけ避けたほうがいいです。

もしくは最低限にとどめておく。

 

利用者は実験台ではありません。羞恥心もあるし、どこの誰かも知らない人に肌をジロジロ見られるのは良いものではないでしょう。

そういうデリケートな部分は特に気を遣う必要があります。

 

それよりは、

「利用者は自分の身体をもって実習生に教えてくれている」

 

という意識を教えてあげてください。

 

介護技術は現場に入れば嫌でも身につくし、

現場によってやり方や環境も違います。

入社すれば嫌でも教わりますしね。

 

無理に利用者のプライバシーを冒してまで介護技術を教え込む必要はないと思います。

 

 

 

最後に実習生へ。

 

職員に気を使って、

 

「何かすることありますか?」

 

と職員に聞かなくて良いです。

職員と同じ仕事をすることはないし、できません。

 

自身の目的、目標達成のための知識や技術を聞いたり、盗んだりしてください。

 

職員が利用者のどこを観察して、

どういう風に動き、

利用者への配慮はどうしてるかなど、

 

そういう部分などをしっかり見て下さい。

 

要介護となった高齢者に対する礼節や意識などを身につけて下さい。

 

 

 

 

 

「合わない人」だと壁を作らず、良い案はどんどん頂こう

f:id:kaigobilly:20190704180317p:image

皆さんの職場やSNSなどで、

 

「この人嫌い!」

「この人とは話が合わない・わかりあえない!」

 

という人はいませんか?

 

私はいます(笑)

 

色々な考え方があって当然なので、

合う合わないは当然あると思います。

 

もし皆が同じ意見や思想だったら怖いですよね。

 

それに仲良しだけでは仕事が雑になったりする可能性もあります。

 

 

ただ中には、

 

嫌いだったり意見が合わない人でも、

今自分が直面している事などに対して、

的確だったり

ためになったりするようなら意見を持っていることがあります。

 

例えば職場で、

ものすごく嫌いな人がいるとしましょう。

 

でも自分は、とある認知症の人の声かけがうまくいかない、もしくは立位介助がうまくいかないという状況があったとします。

 

その、「嫌いな人」の声かけや介助方法をたまたま目にした時、とてもスムーズに行っていた

 

なんてことがあったらどうでしょう?

 

 

もしくは、会議で議題がなかなか進まなかった場合、その人が口にした意見がとても理にかなった案だった場合はどうでしょう?

 

この二つは実際に私が経験したケースです。

この時私が最初に思ったことは、

 

「この人嫌いだからこのやり方は絶対やらない」

 

でした。

 

でも、ある日ふと考えたのです。

 

「使えるものはパクろう」

 

と。

 

結果として利用者にプラスになればいいのです。

 

それに、そういう技術を盗んだところで、

 

相手にも自分にも何の影響もない

 

のです。

 

そこからは、好き嫌い、合う合わないで人を見ず、その人の知識や技術をよく見るようになりました。

 

その結果、後に仲良くなった人もいます。

 

 

 

相手の嫌い具合にもよるが、意見されたりするとつい反発することがあります。

また、嫌いな人の言うことは、嫌いという想いもあって全てに反対したくなるかもしれません。

 

しかし、

 

上記の事例のように、

 

避けているものの中に解決案が隠されていることがあります。

 

そこは素直に認めていいと思います。

 

変に反発して利用者に不利益があるほうがトータルで考えてマイナスです。

 

「この人嫌いだけどこの案頂き!」

と、余裕を見せてパクってしまいましょう(笑)

 

 

ただし中にはどうしてもわかりあえない人がいる場合もあるでしょう。

 

その場合は、

 

職場なら最低限度の関わり

(利用者に不利益にならないように。ここは我慢しましょう)

のみとしたり、

 

SNSなら、

ブロックすればいいです。

 

 

人間関係は言葉で簡単に表せないほど複雑です。

 

ですが、

あの人とは合わないと全てをシャットアウトするともったいないかもしれませんよ。

 

 

 

 

夜中の排泄介助、するかしないか?

f:id:kaigobilly:20190629032704p:image

施設や病院勤務の方だと、

夜中に排泄介助、体位交換があると思います。

 

今日はその必要性の有無について思ったことを書きます。

 

 

結論から言うと、

 

そこまで無理してしなくてもいいのでは?

 

です。

 

これだけだと誤解を招きかねないので解説します。

 

 

差は勿論ありますが施設だと大体、

 

体位交換は2時間おき、

排泄介助は3〜4時間おき

 

くらいでしょうか。

 

ということは、

 

その間隔で起こされるということですよね。

 

安眠を促すどころか不眠につながっています。

 

そりゃあ、

 

日中傾眠あり。

 

になりますよね。

 

身体にも良くない。

 

睡眠不足でイライラするかもしれないし、

認知症の人であればそれが何かしらの行動に現れるかもしれません。

 

 

かといって、

 

夜間に体位交換も排泄介助も何もしないと、

  • 尿意で目が覚め寝れない
  • 排尿後の不快感、痒みなどで寝れない
  • 徐圧しないことによる身体の痛みで寝れない

 

など、こちらも身体に良くありません。

 

 

なので、私はこう思います。

 

体位交換はスモールシフト

排泄介助は夜中1回のみ

 

です。

 

まず、体位交換方法ですが、

体位交換時のクッションをマットレスの下に入れ、それを少しずらす。

または他の方法として、ビニール袋などを手に巻き、利用者の頭から踵までをなぞっていく。

 

こうすることで、体位交換時の

布団をめくり、クッションを外し、身体の向きを変え、クッションを当て直し、布団をかける

 

という作業が簡略化されつつ、利用者の刺激も低く抑えられます。

 

 

続いて排泄介助です。

 

我々も、寝ている時に尿意を感じると、

なかなか寝れないのではないでしょうか。

また、寝ながらの排尿もしにくいものです。

(切迫性・機能性失禁などを除く)

 

また、寝ながら排尿したとしても、

今度はその生暖かさ、不快感、尿を吸収したパットの重み、臀部の痒みなどで寝れないでしょう。

 

それに、尿が皮膚に長時間触れていると皮膚トラブルを招きます。

いくら高吸収のパットでもこれは防げません。

 

なので、夜中は一回どこかのタイミングでパット交換をするなりトイレ誘導を行うなりして、

一度出すものを出し切ったほうが結果としてよく寝れると思います。

 

できれば、個々の排尿リズムを調べ、

一番排尿が多い時間帯に合わせて対応できれば良いと思います。

 

※褥瘡や皮膚トラブルのある人については勿論考慮する必要があります

 

 

 

以上が私の見解になります。

 

排泄・体位交換回数が多い方が良い介護というわけではないと思います。

 

特に体位交換は、間隔も角度も推奨されていたものと内容が変わってきています。

 

そういった情報を仕入れ、必要以上の介助は避け、

夜間の安眠を促すことも大事な介護職の役割だと思います。