闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

看取り期の食事中止の判断のタイミング

f:id:kaigobilly:20191117042722j:image

 

看取り期が近くなる・看取り期に入ると、食事量が落ちてきます。

 

 

ターミナルケア移行の大まかな基準として、

 

食事がとれなくなったら

 

という事業所もあります。

 

 

 

やがて食事も全く受け付けなくなるでしょう。

どこかで「食事中止」の判断に踏み切らなければならない時がきます。

 

 

 

この「食事中止の判断のタイミング」ですが、

非常に悩みます。

 

 

こちらの工夫でまだ食べれる可能性があるのか。

食事自体が本人にとって苦痛になっているのか。

 

 

カンファレンスでは、家族より

「食べれるものを食べれるだけ」

「無理のない範囲で食べさせてほしい」

 

という意向をよく聞きます。

 

 

 

なのですが…

 

この「無理しない範囲」という言葉の解釈が人それぞれで、

 

拒否してるのに何度も声かけをする

介助してでも食べさせる

 

という場面を多く見てきました。

 

 

 

特に声かけにおいては、

 

「食べないと具合良くなりませんよ」

 

というような言葉を何度もかけ、半ば無理やり食べさせているように思えます。

 

 

それ、工夫でも何でもないと思います。

 

 

明確に「いらない」という態度を示す

(全介助の場合)口を開けなくなる

 

というような状態になってきたら、

 

多職種を交えカンファレンスを開くべきだと思います。

 

その材料として、食事の様子や摂取量などを細かく記録しておく必要があります。

 

看取り期であれば、1週間ごとにカンファレンスを開いても良いと思います。

(ターミナルケア加算の算定要件に「定期的な計画の見直し」があったと思います)

 

 

これをしないと、

 

「できる限り食べてもらわないと!」

 

と、食べれない、食べたくないのに食事をすすめ続けることにつながりかねません。

 

 

こうなると利用者にとっては苦痛でしかないでしょう。

 

今までも数多くそんな事例を見てきました。

 

 

 

で、看護師や相談員などに言われてようやく納得するのです。

 

 

というか、介護職同士でそんな話をしても、

 

「いや、できる限り食べてもらわないと」

 

と、聞く耳を持たないことがほとんどでした。

 

 

 

そうならないための記録とカンファレンスなのです。

 

 

 

 

 

食事を中止する判断は確かに難しいです。

 

でも、クドイ声かけや介助をしてまで食べさせるのが果たして本人にとって好ましいことなのかどうかは疑問です。

 

食べなくなるということは、身体が食事を受け付けなくなり、最期を迎える準備に入ってきているということ。

 

 

であれば、食事にこだわらず、

 

本人が好きだったもの、馴染みのあるものをオヤツ程度に味わってもらう程度で良いのではと思います。

 

 

そういった判断は日々の観察や記録を元に、

多職種と定期的なカンファレンスで決めれば良いと思います。

 

情だけで動いてしまわないように。

 

 

 

 

 

〜今日の一枚〜

ROCKIN' ICHIRO&BOOGIE WOOGIE SWING BOYS  「B.W.S.B」

f:id:kaigobilly:20191117202447j:image

 

ロカビリーをベースにジャズやスウィング要素が入ったスリーピースバンド。

ギターが物凄く上手く、ボーカルの声も綺麗で聴きやすいです。

これはベスト盤で、今は手に入りにくいシングル曲やコンピ盤限定の音源も収録されてます。

 

介護職はモテない仕事なのか?

f:id:kaigobilly:20191111154901j:image

 

ブログ番外編です。

 

 

 

 

先日、ぼーっとネットを見てたら、

 

介護職はモテない!

 

なんていう書き込みがありました。

 

 

理由も根拠もデータもありませんでしたが。

 

 

 

収入面を言ってるのかもしれませんが、

それでもあまりにも暴論ですね。

 

 

 

バカバカしくて面白いんで、

介護に関わるものとして反論します(笑)

 

モテるかどうかに職種は関係ない!

と思います。

 

 

だいたい、「モテるために今の仕事を選んだ」人っていますか?

職種とモテ度の関連性データなんてのも見た事がありません。

(知ってる人いたら教えて下さい)

 

 

 

それに、
世の中全ての男女は意思をもった一人の人間です。

型やパターンになんか当てはまらないでしょう。

 

どんな職種であろうとモテる人はモテるし、

モテない人はモテません。

でもそれも時期や年代などで変わってくるでしょう。

 

今まで何とも思ってなかったのに妙に意識されるようになったり、

するようになったり。

 

 

 

 

ちょっと言い方は良くないかもしれませんが、「●●専」「●●フェチ」なんて言葉もあるし、

どんな人がタイプなのかは人それぞれです。

 

 

出会ってないだけで、

アナタのようなタイプの人を好きな人がいるかもしれないです。

 

 

 

 

結局のところモテるかどうかなんて、

タイミングとその人の人間性なんだと思います。

 

世の中これだけ人間がいるんです。

それなのに「介護職は」モテないってことはないと思います。

どんな職種であれ、真面目に取り組んでる人は男女関係なく魅力的だと思います。

 

 

介護職で彼氏・彼女がいる人や結婚してる人、いっぱいいますよ。

 

 

 

うがった見方をすると、

介護職に対しマイナスイメージを植え付けたい「何か」があるのかとも思ってしまいます(笑)

 

 

 

 

 

…まあでも、モテたいですけどね(笑)

 

 

 

〜今日の一枚〜

柳家睦とラットボーンズ 「そして熱海秘宝館〜女心と景勝地

f:id:kaigobilly:20191114093131j:image

サイコビリーバンドBATTLE OF NINJAMANSの睦さんの新バンド。

昭和歌謡、フォークとロックンロールが合わさった「アウトローフォーク」。

ちなみにライブが超楽しいです。

盛り上げ方が物凄く上手い!

 

今年のフジロックにも出演してました。

 

わずかな手間は惜しまない方がいい

f:id:kaigobilly:20191112234600p:image

 

介護現場は人手不足で、時間に追われていることが多いです。

 

できることなら業務の効率化をはかり、少しでも円滑に業務を進めたいところです。

 

 

ですが、効率化を図るあまり、本来やった方がいいことを省いたり、多少強引に業務を進めるのはどうかと思います。

 

 

例えば、

 

①オムツ交換・ベッドからの起き上がり、移乗・リネン交換時などで、

ベッドの高さを変えること。

 

 

②物を拾う時や利用者に靴を履いてもらう時などに、

きちんとしゃがむこと。

 

 

これらは省かない方がいいです。

 

 

なぜなら、

 

腰を痛めるから。

 

 

 

腰痛の原因は、こういった無理な姿勢を長期間行った場合にも起こります。

 

介護技術だけの話ではないです。

 

 

 

次に直接介助編。

 

 

①移乗時に立ちあがり〜移乗の行程を省き、

立たせながら車椅子(ベッド)に移す

 

②ベッド上で体の位置を上に上げる時、腕や足の位置を調整したりスライドシートを使ったりせず、

力任せに引きずる

 

 

 

これらも強引な介助のため、腰に負担がくるし、

利用者側も負担が大きいです。

 

 

 

本来、これらは省いてはならない行程ですが、

ついつい省いてしまいます。

 

時間がない・時間に追われているから。

 

 

 

でも、考えてみて下さい。

 

 

例にあげた事例はいずれも、

せいぜい秒単位の違いです。

 

ここを省いたところで大して時間は節約できません。

 

 

仮に複数人の対応だったとしても、10分15分くらいの話でしょう。

 

 

 

「15分は大きい!」という意見もあるかもしれません。

 

でも、その15分のために、

自分の健康を犠牲にする価値がありますか?

 

 

腰を壊せば仕事に支障が出る。医療費もかかる。

下手するとそれが長期間続きます。

 

仕事どころか日常生活に支障がでるかもしれません。

 

 

そういったリスクを背負ってまですることではないと思います。

長い目で見て、ハイリスクローリターンだと思うし、

そんな強引な介助をしていればケアの質も落ちます。

 

 

 

それと、

 

先にあげた事例、実際やっていると

ものすごく長い時間に感じます。(特に業務が押してる時は)

 

でも、実際はそんなに時間はたってないです。

 

 

好きなことや興味があることは時間が短く感じ、

少しでも嫌だったり負担に感じるものは時間が長く感じるでしょ?

(仕事の時間と休憩の時間の体感時間とか)

 

あの感覚です。

 

 

 

 

時間を気にするあまり、腰や肩を壊したりして仕事や生活に支障が出ては元も子もありません。

 

 

個人的には、利用者と関わる場面・行程は省かず、掃除などの雑務、記録の効率化を図るなどした方が良いと思います。

 

もしくは思い切って引き継ぐ。

10分15分の遅れなら、引き継いでもダメージは少ないでしょう。

 

 

自分の身体やケアの質が落ちるのよりよっぽどマシです。

 

 

 

 

どこを省いてどこに時間をかけるか。

自分の身体は自分で守りましょう。

 

 

 

〜今日の一枚〜

RYOJI&THE LAST CHORDS 「PLAY THE FIRST CHORD!」

f:id:kaigobilly:20191113092151j:image

スカパンクでお馴染みのPOTSHOTのメンバーの新バンド。

POTSHOTとは打って変わり、パワーポップ、モッズ、ブリティッシュロックっぽくなっています。

聴きやすいメロディでおすすめ。

 

ケアマネや相談員は介護現場に入るべき?

f:id:kaigobilly:20191111090837p:image

 

ケアマネや相談員に対し、

 

もっと現場に入ってほしい

 

という意見をよく聞きます。

 

 

これ、とても違和感を感じます。

 

 

 

 

専任と兼任で多少は変わってきますが、

 

どちらにせよケアマネ・相談員の仕事があります。

これはどの職種にもいえますが、

 

これらは介護の片手間にできるものではありません。

 

 

ケアマネであればアセスメント、プランニング、モニタリング、認定調査、担当者会議。

それに関連する事務作業、各種関係機関への連絡等。

 

相談員であれば入退所調整、それに関連する各種機関への連絡、訪問、請求業務、それに関連する事務作業等でしょうか。

 

 

 

プラン関係は利用者の人生に影響されるので時間をかけて頭を捻りながら考える必要があるし、

 

担当者会議や入退所調整、訪問などは、先方と日程をすり合わせる必要があります。

 

請求に関してはミスは許されません。

 

 

パソコン相手に暇してるわけじゃないのです。

頭の中は入浴業務並みに動いてます。

 

 

正直なところ、手伝いに行ける余裕はないです。

 

 

仮に現場に入ったとして、介護業務は進むかもしれませんが、

 

そのために遅れた相談員・ケアマネ業務は

残業してでも自分がしなければなりません。

 

手伝ってもらった介護は、自分たちの業務が終わればそのまま帰れます。

 

おかしくないですか?

 

 

 

そして、もうひとつ感じてる違和感。

 

ケアマネや相談員は、介護職に比べ、

介護業務にはいっていません。

 

専任ならば、現場を離れて久しいという人もいるでしょう。

 

 

そんな人達が現場に入って、

 

介護職と同じ動きができるでしょうか?

 

下手すると事故につながるかもしれない。

 

 

記録にはない阿吽の呼吸、介助に入る人の順番、身体の使い方、声かけのコツなど、

 

言語化して説明できますか?

 

 

自分たちの物差しで、「できるだろう」とは思わないでください。

介護職員として配置されてないんだから。

 

 

勝手に期待され、「意外とできないんだね」なんて言われても困ります。

 

知らなくて当たり前です。

介護職員として配置されてないんだから。

 

 

 

これらが私が感じてる違和感です。

 

勿論ケアマネ・相談員が自分たちの仕事に余裕ができ、手伝える時間があり、声をかけてくれるなら、

ありがたく甘えていいと思います。

 

ただし、具体的に何の業務をどのくらいしてほしいか、気をつける点はあるかなど、

細かく説明する必要はあります。

 

 

 

そうは言っても、

「現場のことがわからないとケアプランが作れないから現場に入るべき」

「ちょっと現場に入っただけじゃ利用者の全体像はみえてこないからもっと現場に入るべき」

 

というような意見も聞かれます。

 

 

一見わからなくもないですが、

 

「じゃあ遅れた相談員・ケアマネ業務は誰がするんだよ!」

という想い(さっきも書きましたね…)

 

もあるし、

 

 

仮に現場にどっぷり入ったとすると、

 

アセスメントやプランが介護職寄りになる

相談業務が事業所寄りになる

 

といった可能性もあります。

 

 

本来、ケアマネ含むソーシャルワーカー

 

「中立性」

 

が求められます。

 

それが現場に多く入ることで徐々に感覚が麻痺していきます。

 

介護職と同じ考え方になっていくのです。

 

介護職員ならそれでもいいですが、

ケアマネや相談員は介護職とはまた違う考え方が必要です。

 

介護の知識は必要ですが、

介護「業務」とはまた別です。

 

 

だから、空き時間に移乗を手伝ったり

送迎を手伝うくらいならともかく、

 

一人の介護職扱いで動かされるのは好ましくないと思います。

 

 

 

それでもなお、

 

相談員・ケアマネはもっと現場に!

 

と言うなら、

 

相談員やケアマネがどんな仕事をしてて、

それが利用者、事業所、自治体などにどう影響されているのかなどを把握した上で、

 

体験でもいいから一度やってみてください。

 

 

きっと同じことは言えなくなると思います。

 

 

 

 

というか、

 

お互いがお互いの仕事内容を知るよう歩み寄ればいいだけなんですけどね…

 

 

〜今日の一枚〜

 

KAGERO   「official bootleg

f:id:kaigobilly:20191111140141j:image

 

パンクな激しさを感じるジャズバンド。

攻撃的かつノリが良く聴きやすいです。

 

 

 

 

 

食事に手をつけない人の対応方法一例

f:id:kaigobilly:20191103031555p:image

食事介助で、

 

身体機能はさほど問題ない認知症の人で、

配膳してもご飯を食べようとしない。

 

あの手この手でアプローチするけど、

 

しびれを切らして介助しようとするけど口を開けない…

 

結果として食事に時間がかかり、その後の業務が押す

(そして職員はストレス)

 

なんて経験はないでしょうか。

 

 

大変ですよね。

 

認知症とわかっていてもストレスも溜まる。

 

 

 

 

 

その人の状態にもよりますが、

 

私がアプローチしてうまくいった事例を紹介します。

 

 

それは、

 

「利用者と一緒に食事をする」

 

以上。

 

これだけだと説明不足だと思うので説明します(笑)

 

 

認知症の利用者が、

 

出された食事に無反応

皿をいじって倒す

おしぼりを食事に突っ込む

ご飯におかずや汁をかける

 

というような様子があるとしたら、

 

 

目の前の食事が何なのかわからない

(食べ物だという認識がない)

食器の使い方がわからない

それぞれの皿・お椀が何かわからず、別のもの(花瓶など)と思っている

 

等の可能性を考えます。

 

 

中核症状である

 

記憶障害

失認

失行

 

あたりでしょうか。

 

 

なので、

食事ということがわからなければ、

食事だと認識させる。

食器の使い方がわからければ、

食器の使い方がわかるようにする。

お皿やお椀を何かと誤認しているようなら、

誤認しないような工夫をする。

 

利用者の様子を見て、

 

どこがわからないのかを見極めるのです。

 

あとは、その「わからない部分」のアプローチです。

 

 

 

 

認知症の人は、目の前の事柄に対し、

 

今頭に残っている記憶や体験を元に、最適だと思う行動をとります。

 

例をあげると、

 

緑の葉っぱみたいなの(副食のおひたし)がある

ここには水の入った容器(味噌汁)がある

そうだ、水やりをしよう

おひたしに味噌汁をかける

 

といった感じです。

 

食事ということが抜けていれば、容器に入った葉っぱや汁を見て、そう認識してしまうことがあります。

 

 

本人に悪気はないのですが、だからといってそのままにもできません。

 

 

 

 

私の場合、利用者の隣に座り、

 

「私もここで一緒にご飯食べていいですか?」

 

と、隣でご飯を食べます。

大げさなリアクション付きで。

 

しかも、カレーやパスタなどの割とニオイがあるものを。

 

で、合間に、

 

「●●さんもご飯冷めると悪いから食べてください」

 

と声をかけます。

 

隣で大げさに食事をすることで、

 

 

食べ物という認識も伝えられるし、

動作を見せることができるし、

隣で強いニオイの食べ物を食べることで嗅覚へのアプローチもできます。

 

 

人相手なんで100%ではないですが、この方法で自分で食べてもらうことができました。

 

 

他にも、

器を変えてみたり、副食をご飯にのせて(混ぜるんじゃなくて)丼物にしてみたり、

箸じゃなくて割り箸を使ってみたり等、

 

工夫は沢山あります。

 

中核症状に加えてその人の食事習慣はどうだったかを調べ、なるべくそれに近い環境を用意するのです。

 

ここも大事なポイントです。

 

だって、何十年も生きていて、様々な経験が染み付いた人間ですから。

 

 

 

 

食べないからといきなり介助するんじゃなくて、

(そもそも食べ物の認識がなければ口開けないだろうし)

 

理由を考えてから工夫を考えてアプローチすることで、認知症の人でも自身の力を使うことができます。

 

 

もちろん人相手だし、人の数だけ背景も違うので

「これが確実」というのはないですが、

 

そういった背景を分析するのも結構楽しかったりします^_^

 

 

〜今日の1枚〜

ジムノペディ 「今宵も、うたかた探し」

f:id:kaigobilly:20191105134946j:image

 

ロックと昭和歌謡と和製ジャズ等を足したようなバンド。

夜の街の怪しさやワクワク感が伝わってくるよう。

独特と雰囲気があって良いです。

 

しかし残念ながら解散しています…

介護現場でのストレスに対する考え方

f:id:kaigobilly:20191101203641p:image

 

介護現場では、その特有のストレスがあります。

 

  • 利用者が声かけに応じてくれない
  • 忙しい時間のコールやセンサーのラッシュ
  • 尿や便が漏れての全身着替え
  • 訴えが細かい利用者
  • なかなか口を開けずに食事介助に時間がかかる利用者
  • 上記5点の対応で時間が押したが、それを職員のせいにしてくる人
  • 人の粗探しばかりしてくる人
  • 話を聞いてくれない人

等、例をあげたらキリがないです。

 

 

ひとつひとつ解説するとキリがないので、

対利用者編で考えようと思います。

 

ひとつ言っておきますが、

「これでストレスが劇的に改善!」

なんてのはありませんのでご了承ください。

 

 

あくまでも「ストレスに対する考え方」の話です。

 

 

 

今回は対利用者の場合に限定します。

対職員の場合だと色々な意味で大変なので(笑)

 

 

仕事をしていると、勤務時間も決まっているため、なるべくその時間内で終わるように自分の中で無意識に仕事を組み立てていると思います。

誰だってサービス残業はしたくないですからね。

 

で、

 

「●●におおよそ何分かかるな。じゃあ次に●●して大体●時くらいにはここまで終わるかな」

「●●は大体他の人が終わらせてるから、じゃあ次は●●の対応をしよう」

 

といった感じでイメージしていると思います。

 

これらが、

「自分のペースで仕事をする」

と私は考えています。

 

これがはじめに書いたようなイレギュラーな事態が起こると、それが崩れます。

自分のペースが乱れるわけですからね。

 

そうなる原因となった

 

声かけに応じてくれない利用者
忙しい時間のコールやセンサーのラッシュ
尿や便が漏れての全身着替え
訴えが細かい利用者
なかなか口を開けずに食事介助に時間がかかる利用者

 

などに対して、一瞬でも「イラッ」としてしまうわけです。

 

その感情が一瞬ならいいですが、

 

これを引きずってしまうと、

 

言葉使いや介助が雑になる

冷静に物事を考えられない

 

など、仕事の能率も下がります。

 

 

でもね、考えてみて下さい。

 

 

どういう感情を持とうが、

目の前で起きた事実は変えられないんです。

対応にかかる時間は一緒です。

 

それを前述したマイナス感情で仕事の能率が下がるのは勿体無いと思います。

 

 

だったら、一呼吸おくなりして気持ちを整えてから、

 

「この人は何でこういう行動を取ったんだろう」

 

と考えれば、後々の仕事へのヒントにもなるし、起こった事実に対してはそれ自体が情報となります。

 

 

人は感情に左右されやすいので、マイナス感情を持ってしまうと冷静に考えられるものも考えられなくなり、行動も感情的になります。

 

ひどい場合だと、そういった行動に利用者が影響され、更に落ち着かなくなる…といったこともあります。(体験者です)

 

 

私もこういう考え方にシフトしてからは、

利用者に対してイラッとすることはほぼなくなり、冷静に目の前の状況について考えられるようになりました。

 

イライラを我慢するんじゃなくて、

イライラを感じない、もしくは最小限になるように考えを変える。

もしくは感じたイライラは我慢しないけど、それはそれと割り切るようなイメージです。

 

 

イライラしてしまうと、人間関係にも影響されます。

あんまり思いたくないですが、お局と言われるような人は前述した「自分のペース」の意識が強すぎるから揉めるのかなーなんて思ったりします。

 

 

色々な病気、事情を抱えた人間を相手にする介護現場で働く以上、

これは異動しようが転職しようがついてまわる話です。

 

 

考え方ひとつでうまくいく場合もあります。

 

よほど職場がブラックなら話は別ですが、

転職は最後の切り札にとっておいたらどうでしょう。

 

 

 

〜今日の一枚〜

Uru 「モノクローム

f:id:kaigobilly:20191101212508j:image

 

透明感があって、「癒される」という表現が合う女性歌手。

施設や病院などで流しても良いかもしれません。

オリジナルも素敵ですが、カバーのセンスも秀逸です。

原曲イメージと違うけど、違和感はない。

オリジナルと思うほど。

居室のドア、常時開ける?閉める?

f:id:kaigobilly:20191028210809p:image

施設やショートステイなどで、各利用者それぞれに居室がありますよね。

 

自分のプライベートスペース。

 

 

 

…なのですが、

 

利用者の在室の有無に関わらず、

常にドアを全開にしている場面を多く見てきました。

 

これ、どう思いますか?

私は個人的にものすごく違和感があります。

 

 

違和感があって周囲に理由を聞いたことがあります。

 

不在時は換気のため。

在室時は安全確認のため。

 

だそうです。

うーん…。

 

 

違和感が拭えません。

 

私が違和感を感じる理由を書きます。

 

 

 

まずは不在時の場合です。

 

ユニット型などは特に、

「家庭的」

という言葉を前面に持ってきています。

 

確かに家で自分の部屋を換気のために全開にするというのはわかります。

 

でもそれって、

そこが自分の家で、

同居しているのは家族だからですよね。

 

例外があるなら、親類、恋人、親友などでしょうか。

 

 

そこまで深い繋がりがある間柄であるからこそ、不在時でも部屋を開けっぱなしにできるのでしょう。

無意識のうちに安心、信頼しているのかもしれません。

 

ですが、

これが周り全ての住人が他人で、

更に日替わりで色々な職員が簡単に自分の部屋に出入りできる状況ではどうでしょう。

 

心配で部屋を開けっぱなしになんてできません。

何なら鍵かけたいくらいです。

 

それを、

換気だ何だと理由をつけて開けっぱなしにされるわけです。

当然部屋の中は丸見えです。

 

更にそんな部屋が何部屋もあれば、

見た目も悪いです。

 

朝のデートホテルかよと思います(笑)

 

 

換気するなら、何もドア全開じゃなくてもいいでしょう。

そして、時間もある程度決めて。

 

 

フロアで1日過ごしてるからと、特に意識もせずに丸1日ドアが全開というのも見てきました。

 

利用者からすれば心情的にもセキュリティ的にも不安でしかないでしょう。

 

 

 

 

次に、在室時の場合です。

 

 

具合が悪い人

すぐに起き上がる人

センサーマット使用者

 

などは、特にドアを全開にされている場面を多く見てきました。

 

で、

すぐに気づけるように

安否確認しやすいように

 

などといった理由につながるようです。

 

 

気持ちはわかりますが、

 

具合が悪い人は、部屋に入って顔を見なければ異常の有無はわからないし、

 

センサー対象者なども、対応するのは部屋に入らないとできませんよね。

 

大体、ドアを全開にしていて、起き上がろうとしている姿を見かけても、

部屋の近くにいなければどのみち間に合わないでしょう。

 

 

だったら、巡回の間隔を狭めるなどの方がいいのではと思います。

 

 

それに、部屋で過ごしている姿、夜であれば寝てる姿が外から丸見えです。

 

そんな環境で落ち着いて過ごせますか?

そんな環境で熟睡できますか?

 

周りにいるのは全て他人なんですよ。

 

 

そんな「形だけの安全管理」を理由に、

利用者のプライバシーを犠牲にしなければならないのでしょうか?

 

これが続くと利用者にもストレスとなり、それが体調や行動に現れてくるのではと危惧しています。

 

 

 

これらの理由から、

私は常時ドアを開けることには否定的なのです。

 

 

 

〜今日の1枚〜

THE CASUALTIES 「DIE HARDS」

f:id:kaigobilly:20191028214806j:image

アメリカのストリートパンク。

ド派手なルックスもさることながら、サウンドも中々派手。

oiパンク、ハードコアを軸とし、ややメタリックでキャッチーなサウンド、シンガロング間違いなしの歌。

初期と現在ではサウンドも大分変わってます。