闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

ゲームで認知症を考える

f:id:kaigobilly:20200120232921p:image

 

認知症を持つ人の世界を、ゲームに当てはめて考えてみます。

 

ふざけてるように見えるかもですが、大真面目です。

 

 

 

あなたは、初めて見るゲームを手にしました。

ハードもソフトも初めて見るものですが、ゲームということはわかります。

 

スイッチ類はどこか悪戦苦闘しながら、どうにかゲームを起動。

コントローラーを手にしました。

 

ところがこのゲーム、何のゲームかわかりません。

そもそも操作方法もわかりません。

 

初めて見るものなので。

 

 

こんな時、どうしますか?

 

とりあえず、昔ゲームをやっていた記憶を基に、コントローラーをいじってみると思います。

 

アクションゲームならこのボタンはジャンプだろう。

シューティングゲームならこのボタンはショットだろう。

 

などと。

 

 

 

 

これを認知症の事例に当てはめてみます。

 

①廊下で排泄する…

「おしっこがしたい。場所がわからない。あそこの隅ならいいかな。よく路肩で立ちションしてるし。」

 

②おしぼりを口にする…

「お腹が空いたな。ちょうどいいところに何かある。白くて、丸まってて…。ああ、チクワだな。よし食べよう。」

 

③夕方になるとソワソワ落ち着かなくなる…

「そろそろ夕方だな。ご飯を作らないと。子供も学校から帰ってくるし。はて…どう行けば帰れるんだろう」

 

 

何のこっちゃと思いましたか?ちょっと解説します。

 

①の事例は、尿意を感じ、トイレにいかなければならないこと、排尿動作は分かっています。

場所がわからないのです。

過去の記憶(尿意、トイレに行く、排泄をする)を頼りに、自分の中でベターな判断をしたわけです。

 

②の事例は、空腹を自覚しており、食べるという動作はわかっています。

目の前のものを食べ物と誤認したのです。

これも過去の記憶(空腹の自覚、何かを手に取り食べる)を頼りに、自分の中でベターな判断をしています。

 

続いて③の事例。

夕方というものの自覚、時間をみて自分のとるべき行動の自覚、家に向かって歩き出すという動作はわかっています。

今自分が置かれている状況(現在は自分にその役割がないこと)、家の状況、自分の能力(ADL)の理解を失っているのです。

 

 

 

初めて体験する出来事に対しては、

過去の記憶を頼りに、その時で最もベターな方法をとります。

 

だからゲームではコントローラーを操作したり、

認知症であれば何かしらの行動をとるわけです。

 

先に挙げたゲームだって、第三者からみれば、

「メチャクチャにゲームをいじっている」

ように見えるかもしれません。

 

これが認知症だと、

三者から見れば、

異食

弄便

徘徊

 

と捉えられてしまいます。

 

 

当の本人からすればたまったもんじゃないですね。

 

 

ゲームは操作がわかればできます。

認知症も似たようなもの。

 

今までにも何度か書いていますが、

それぞれの動作の「どの部分の記憶を失っているのか」

を見つけ出すのがカギです。

 

その部分を補うことで、できない、わからないと思われていた動作ができるようになることもあります。

 

実際に私はそれで、食事を拒否する人に食事をたべてもらったり、立てないと思われていた人をトイレ誘導できたりしました。

 

食事の事例↓

https://www.kaigobilly69.net/entry/2019/11/05/135445

 

トイレの事例↓

https://www.kaigobilly69.net/entry/2019/09/22/023131

 

 

 

「●●さん、認知症状進んだよね。わからなくなったよね」

と言う前に、

声かけや環境のひと工夫で、まだまだイケるかもしれませんよ。

認知症を「特別なもの」と捉えてる?

f:id:kaigobilly:20200117113125p:image

介護者を悩ませる

 

認知症

 

進行度合いによっては、生活全般に介助が必要になります。

特に在宅で家族が介護しているような場合、その労力や心境等は簡単に語れるものではないでしょう。

 

 

施設は施設で、

 

異食

暴力

昼夜逆転からの施設内を歩き回る

他者の部屋に入る

物品をいじる

排泄物をいじる

 

等、誰もが一度は経験したことのある事例が盛り沢山。

 

 

正直、大変です。

状況によってはイライラすることもあるでしょう。

 

 

 

で、この認知症ですが、やたらと特別視してるのか、

 

認知症は病気じゃない」

「話せばわかる」

「寄り添うケアで想いは通じる」

 

など、耳障りのいい言葉をしばしば見聞きします。

 

それを全否定するわけではないです。認知症の啓蒙活動としては悪くないのかもしれません。

 

 

でも正直言うと

 

「それは具体的に何をするの?」

 

て思ってしまいます。

 

 

これだけだとただのディスりになりかねないので、

私の認知症に対しての想い及び認知症の人の対応の一例を紹介します。

 

 

 

まず、

認知症は病気です。

 

耳障りのいい言葉だけでは対応はできません。

 

 

でも、特別な病気とは思いません。

 

なぜかというと、例えば、

糖尿病や腎不全などは

日常生活で気をつけなきゃいけないことがありますよね。

 

食事や水分など。

 

 

 

対して認知症の場合。

 

認知症の一番の特徴は、

 

記憶障害

 

だと思っています。

 

どの部分が失われているかで、

 

失認

失行

見当識障害など

 

などにわかれます。

 

 

で、この記憶障害ですが、生活の中でどの記憶を失っているかを見極め、そこへの配慮や工夫をしていきます。

 

例えば、食事でいえばこういうやり方。

https://www.kaigobilly69.net/entry/2019/11/05/135445

 

トイレでいえばこういうやり方。

https://www.kaigobilly69.net/entry/2019/09/22/023131

 

コミュニケーションであればこういうやり方。

https://www.kaigobilly69.net/entry/2019/04/19/080022

シチュエーションをまとめたもの

https://www.kaigobilly69.net/entry/2019/08/13/155409

 

シチュエーションをまとめたものその②

https://www.kaigobilly69.net/entry/2019/08/18/234454

 

などです。

(全部似たようなこと書いてますね…)

 

 

認知症においての

 

「生活で気をつけなければならないこと」

 

は、こういうことなんだと思います。

 

 

更にいえば、これらの意思や欲求等を表現できず、結果として不眠や過度な暴力、命の危険にさらされる行動(胃ろうチューブを抜くとか)

があれば、専門医の診察を受け、薬を処方してもらうなどの

 

適切な治療

 

が必要です。

 

ましてや進行性でもあるので。

 

 

ただし注意しなければならないのは、

表現は悪いですが

 

「薬でおとなしくさせる」

 

ということにならないように。

 

 

行き過ぎた内服治療はADLの低下、それに伴い寝たきり化や褥瘡、誤嚥や窒息など、

別の問題を引き起こします。

 

いつからどの症状がどのくらいの頻度で起きているかを医療職にキチンと説明できないと、医療職も適切な判断ができません。

 

 

 

生活での注意点を見つけ、配慮する部分は配慮し、状況に応じ適切な治療をする。

他の病気と変わりないと思います。

 

変に綺麗事を並べて必要以上に特別視する必要はないんじゃないかと思います。

 

 

病気を正しく理解できるように努めるだけです。

 

ターミナルケアは生活の一部分にすぎない

f:id:kaigobilly:20200111010417p:image

介護の仕事、特に特養などの施設サービスでは、

利用者の死に関わることが多いと思います。

 

 

だんだん食事がとれなくなり、体力が落ち、臥床の時間が多くなり、反応も乏しくなり…

 

一説には、身体が死への準備をしている

とも言われているそうです。

 

 

いわゆる、「看取りケア」「ターミナルケア」と呼ばれてくる時期です。

 

 

この時期に入ってくると、医師から家族へ病状説明がなされます。

 

そして、「あまり長くは…」というような判断を医師がした場合、事業所、家族、医療職などの各専門職で話し合い、

看取りへ移行の準備に入ってきます。

(ほとんどの場合、利用者本人はこの時期は会話もままならないし、本人の前でこういう話はしません)

 

 

そしてケアプランの変更=ターミナルプラン作成、

そのプランの同意をもらった時点でターミナルケアへ移行となります。

 

 

 

この時よく耳にする言葉が、

 

「無理に延命治療はするべきではない」

「何もせずそのまま穏やかに死を迎えた方がいい」

 

とか、

 

「看取りケアだから●●しよう」

(こちらの記事参照)

https://www.kaigobilly69.net/entry/2019/11/27/215639

 

などです。

 

 

どちらの意見も私は物凄く違和感を感じます。

 

だって、こういう意見はいずれも、

本人や家族の意向でなく、事業所や職員の意見の押し付けに感じるから。

 

 

延命の有無にしろ生活の仕方にしろ、それぞれの特徴を伝えた上で、どういう生活を望むのかを選択肢として提示・説明はするけど、それを考えて決めるのは本人や家族です。
事業所や職員が主導し、「●●するべきです」「●●したほうがいいです」なんて言うべきではありません。

 

そこに時代がどうとか世論はどうとかも関係ありません。

 

 

利用者一人一人、全て違ってきます。

 

実際に自分の家族が死に近づいていると感じた時、経管栄養や点滴、その時できる医療などで少しでも延命を望む家族もいるでしょう。

 

できる限り苦痛がないように緩和ケアを中心とした対応を望む場合もあるでしょう。

 

自宅で死を迎えたい人もいるでしょう。

(これは過去に実際に経験しました。施設を退所し、そのまま自宅で最期まで家族と過ごしたとのことです)

 

 

 

入所時やプランの更新時、及び状態変化時などに、

「どのような最期を迎えたいか」

といった意向確認をするけど、いざその状況に直面すれば意向だって変わってくるかもしれません。

 

どんな選択をしたとしても事業所として、そこを尊重しできる限りの支援をしていけばいいのです。

 

 

 

 

それと、ターミナルケア「だけ」をクローズアップし、

 

「看取りケアに力を入れている事業所です」

 

とうたう事業所や、

 

これは未確認ですが、「看取り士」なんていう資格があるという噂を聞いたことがあります。

 

 

何でそこだけをピックアップしてるんでしょう。

 

 

我々介護関係者は利用者の「生活」を支えています。

 

利用者と家族の意向、利用者の現在おかれた状況から、その人のニーズに応じたケアプランを作り、ケアに入りますよね。

 

そしてケアプランは変更可能で、利用者の状況が変わったりすれば、その状況に応じたケアプランを作ります。

 

当然これは「看取り期」も含まれますよね。

 

あくまでも看取りというのは生活の一部。

本来、そこだけを切り取って考えたりはできないはずです。

 

 

うがった見方をすると、「外部にいい顔をしたい」としか思えないのです。

 

 

 

 

 

看取り期だろうとそうでなかろうと、

 

「利用者の状態に応じたケアをする」

 

これに尽きると思います。

 

 

 

相性が悪い利用者へどう対応していくか

f:id:kaigobilly:20191222050350p:image

 

利用者は様々な人がいます。(職員やネットでもそうだけど)

 

なので中には、

 

どうしても相性が合わない…

 

なんて人もいるかと思います。

 

 

 

こういうケースの場合、

 

職員からすれば介助に入るのが億劫だったり、

利用者からすれば、「合わない職員が来た」と、ストレスを感じたり。

 

 

双方にとって良い環境ではないでしょう。

 

 

 

この話題、少し前にネットに書かれていましたが、

この時有効な解決策は、

 

「人にさせる」

 

だそうです(笑)

 

 

気持ちはわからなくもないですが、その相手は

 

やらなくてもいい仕事が増える

 

わけです。

 

 

たまったもんじゃないですね。

 

 

こんな自己中心的な人が溢れたら、介護現場は崩壊しますよ。

 

「相性が合わない職員」まっしぐらです。

 

 

 

 

これじゃ何の解決にもならないので、私の経験を元に対策を紹介します。

 

私にも過去、相性が合わなく、何をしても暴言や介助拒否…なんてケースがありました。

 

 

まず、自分の対応全般を振り返り、それを他の職員の対応と照らし合わせました。

 

対応に差がないとわかった後は、

時間をかけ、その人に関わりました。

拒否されても。

「今は私しかいないんです。」と言って。

 

 

そうすることで、拒否もなく介助に入れ、雑談もでき、最終的に「●●さん呼んでくれ」と、

私を指名することが増えました。

 

 

ここでゴールにはしません。

 

何でこういう結果になったのかを分析しました。

 

その利用者は、

 

「新人や他のフロア等の、普段見慣れない職員に介助されることに不安があった」

 

ことがわかりました。

 

後に、新人がその利用者の対応をする際、初期の私と同じような状況になっていました。

 

 

 

もうひとつ。これは他の職員の事例。

 

「●●さんは嫌だ」と言っている利用者がいて、極力その職員の介助は受けない、もしくは二人以上での対応を希望する利用者がいました。

 

二人介助に応じつつ、何でそういうことになっているのかを観察しました。

 

 

すると、

 

介護技術全般があまり身についてなく、力で強引な介助をして痛みにつながっていたり、

自分で意思決定ができるにも関わらず自分の考え方を押し付けていることがわかりました。

 

 

利用者からすればそりゃあ相性も合わなくなりますね。

 

これは技術を身につけて、しばらく関わっていくうちに関係性は改善されるでしょう。

 

 

 

 

これらの事例から、

相性が合わないのは理由があり、そこを分析しつつ、時間をかけて対応していけば関係性は改善されるのではないかと思います。

 

自分だけに拒否的な態度をとられるなら特に。

 

 

それを、相性が合わないなどとその利用者のせいにして、対応を避けるのはどうかと思います。

結果として、ずーっと相性が悪いまま。

 

 

それは自分が仕事をしやすい利用者を選んでいるだけです。

 

 

仮にそういう職員が複数いたらその現場は崩壊します。

 

 

 

もっともらしい理由をつけて仕事を選ばないでください。

周りの職員が迷惑します。

 

 

介護施設での餅提供の是非を考える

f:id:kaigobilly:20200104014620j:image

明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いします。

 

 

さて、この時期になると必ずといっていいほど話題にのぼる、

 

介護施設での餅提供

 

ですが、

 

餅提供については賛否あると思います。

 

 

 

これについて私の意見を書きます。

 

 

詰まるなどの可能性に対しすぐにフォローできる体制がある、

(通常の食事提供時にもいえることですが)

加えて本人や家族の希望があって、なおかつ詰まるなどのリスクに対して理解を示してくれる場合

 

なら、餅提供はアリだと思っています。

 

 

 

リアルでもネットでも、

 

「何かあったときに責任とれないから餅は一律禁止」

 

という声を聞きますし、私が過去に務めた事業所はほとんどこのタイプでした。

 

 

でも、詰まる恐れって、

 

餅じゃなくてもありうることです。

(餅の方がリスクは高いですが)

 

 

それに、その事業所を利用している人すべてが、

 

餅が食べれないほどの咀嚼・嚥下状態の人なのか?

 

という疑問があるのです。

 

 

たまに、大福食べてる利用者いませんか?

あれも餅に近いものだと思ってます。

 

大福を食べてる人を見るたび、

 

「もしかして餅ちょっとくらいいけるんじゃない?」

 

と思ったりします。

 

 

どんなにこちらが注意しても、詰まる時は詰まるし、それは餅に限ったことではありません。

 

 

餅は日本の正月の定番品だし、ほとんどの家で正月に餅を食べるでしょう。

 

特に高齢者は若者以上に、

 

正月=餅

 

というものが染み付いているし、特別な想いもあると思います。

 

そういう日本の風習や意向はできる限り尊重できるよう、工夫していくべきだと思います。

 

なので、各専門職間で協議し、餅が食べれそうな人は提供していいと思っています。

 

 

 

とはいえ、やっぱり窒息は心配。

リスクが高い人については、餅に似せた代替え品も今の時代はあるから、

そういう物をうまく活用して、利用者に日本の正月を感じて欲しいなと思います。

 

 

入所したからといって正月感が味わえなくなるのもいかがなものかと思うし。

(そうでなくても施設での生活は単調で季節感がわかりづらいのに…)

 

紙で作った飾りや、やらされてる感全開の正月の出し物だけで正月気分を味わえるのか、ちょっと疑問に思います。

職員の自己満足なんじゃないかとも思います。

 

 

 

餅に限ったことじゃありませんが、

入所しているからという理由で一律で

 

「禁止」

 

とするのは、利用者のそれまでの生活や、日本人としての習慣など全てを奪い去る恐れがあります。

 

 

生活している以上リスクはつきものだし、

昨今の訴訟事情もあり、なかなか踏み込めないテーマだとは思います。

 

加えて利用者は心身状態も低下しており、

全部が全部叶えられないことは承知してます。

 

 

だったら一律で禁止にしたほうがリスクを避けるという意味ではベターなのかもしれません。

 

 

 

でも、個別アセスメントもせず一律で禁止じゃなくて、

 

「食べれそうな人には提供。難しい人には代替え品」

 

それでいいんじゃないかと思います。

 

 

正月は年に1回だけだし、元日だけに絞れば一時的に人数を厚くすることもできるでしょう。

有事の際のフォローをしっかり行える体制を作れば、いけるかもしれませんよ。

 

 

 

リスク回避と生活の質の向上はバランスが難しいとは思いますが、

個別ケアって、そういうことじゃないですかね?

 

 

 

 

余談ですが、

 

餅提供は何かあったら責任とれないから法規制すべき!

 

という超極論意見を見かけました。

 

世の中色んな意見がありますね。

介護職の休日形態は不公平なのか?

f:id:kaigobilly:20191231234530p:image

 

介護職(施設勤務等)はその性質上、

土日休みや盆正月が仕事だったりすることがあります。

 

もっとも、カレンダー通りに職員が皆休んだら利用者がどうなるかは予想できるでしょう。

 

 

そういう休日形態な仕事なんだと思います。

 

 

ところがこの形態に対し、

 

介護職には休みがない!

他の職種ばっかりズルイ!

底辺(この表現キライなんですが)職だから他の人が休んでいる時でも働かないといけない!

 

なんて声をしばしば見聞きします。

 

 

あげく、こういう声を利用し、

副業だの怪しいビジネスに誘導するようなケースもあります。(特にネットで)

 

 

 

でも、ハッキリ言わせてもらいますが、

この休日形態、不公平と感じますか?  

 

だって、

他の人が休んでいるときに働くってことは、

他の人が働いているときに休むってことでしょう。

 

買い物やレジャー等はかえって空いてて行きやすいですよ。

 

 

他の職種に比べて介護職が著しく年間休日数が少ないとかならまだわかりますが、

土日祝日休めないぶん、どこかの平日が休みになっているはずです。

 

 

果たして介護職「だけ」が休みが少ないですか?

不公平さを感じますか?

 

 

 

それと、

こういう休日形態は、介護職に限りませんよね。

 

誰かが休んでいる時、誰かが働いているから、休日だろうが正月だろうが早朝だろうが夜中だろうが我々は快適に生活できるのではないでしょうか。

 

 

休みがないとか底辺とかって自分たちを卑下する必要はないし、

他の職種と比べる必要もない。

 

 

そもそも、介護職だって数ある職種の中のひとつに過ぎないんだから。

 

 

 

 

というところで、今年のブログの締めとします。

来年もまた宜しくお願いします!

 

良い(酔い)お年をー!!

利用者って可愛いの?

f:id:kaigobilly:20191222025122p:image

 

利用者に対し、

 

「カワイイ〜!」

 

て言う人を多く見ました。

 

 

また、特にこの時期だとクリスマス行事、

夏になれば七夕行事など。

 

こういうイベントものがある時、

 

利用者に手作りのかぶりものをかぶせ、写真を撮って、

 

「カワイイ〜!」

 

なんて言う場面も多いです。

 

 

 

こういう話を聞くたびに、いつも思うのですが、

利用者って可愛いんでしょうか?

 

 

 

「可愛い」という表現は、

どっちかというと好みの女性(男性目線ですが)、

子供やキャラクターなどに使う表現だと思います。

 

 

自分たちより年上の、しかも何十年の歴史を歩んできた高齢者に対して使う表現ではないと思います。

 

 

 

大抵「可愛い」と言われる利用者は、

認知症の人だったり、自分好みのリアクションをしてくれる人だったりします。

 

利用者に「ちゃん付け」をしたり、

ニックネームで呼んだりするものもそうですが、

 

それ自体がもう、

 

「利用者を自分より目下に見ている」

 

という気がしてなりません。

 

 

 

仮に自分の親が入所したとして、そこの職員に、

 

「カワイイ〜!」

 

なんていじられたり、

 

コスプレまがいの格好をさせられていたらどう思いますか?

しかも厚紙とかで作ったようなやつで。

 

ちなみに私だったら即苦情いれます。

 

「うちの親をバカにしてんなよ」と。

 

 

 

カワイイと言う表現、ちゃん付け、ニックネームなどは、親しみでも何でもありません。

 

馴れ馴れしいだけです。

 

 

その人が「人を楽しませることが好き」

とか、ちゃん付けやニックネームで呼ぶことを望んでいるのであれば別かも知れませんが、

 

 

人相手の仕事で馴れ馴れしい態度はどうなんだろうと思います。

家族でも友人でもないのに。

 

 

言葉使い、態度が乱れれば、介助も徐々に乱れ、不適切ケアにつながります。

それがエスカレートすれば、無意識に行う虐待につながります。

 

 

必要以上にへりくだる必要はありませんが、

職員として締めるところは締めていく必要があると思います。

 

我々は利用者の家族でも友達でもありません。

お金をもらって働いている職員です。