闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

廊下(フロア)は走らない

フロアでの勤務や夜勤中に、 急に利用者が立ち上がった(歩いていた) センサーが鳴って利用者が起き上がろうとしていた というケースがあると思います。 この時、職員によっては、 「●●さーん!!」 「座ってー!」 と大声で叫んだり、その利用者のもとへ全力…

センサーの良し悪し

介護現場、特に施設において、 センサー を使っているところは多いと思います。 センサーマット(マットを踏むと反応するもの) ベッドセンサー(ベッドから起き上がったりすると反応するもの) 赤外線センサー(特定の空間に体が入ると反応するもの) など、タイ…

苦手なことほど積極的に教わり関わろう

職場において、 特定の人の排泄、入浴、その他個別対応を さりげなく避ける人、いませんか? そういう人に話を聞いてみると 「苦手で…」 「あんまりやったことなくて…」 というような答えが返ってくることが多かったです。 そういったケースに対しての私の見…

認知症の人の行動分析及びコミュニケーションの一例

認知症の人へのコミュニケーションの取り方は本当に難しいと思います。 進行度合い、その人その人の生活歴、習慣、性格… これらが混ざり合い、様々な症状 いわゆる「周辺症状(BPSD)」が起こります。 このBPSDが、介護者が感じるストレスの中で、多くの割合を…

認知症の利用者の暴力暴言についての考察

認知症の人の対応は、ほんとうに難しいものです。 中には突然暴力や暴言が出る人、 排泄物を口にする人、 食事を食べようとしない人など、 様々なケースがあります。 それが職員、在宅では主に家族の悩み、ストレスになることも多く、 それが自分の中で処理…

無意識に行なっている「意見の押し付け」

外部研修や最近ではSNSなどで、介護現場の様々な事例や悩みなどを話したり、投稿したりする場面を多くみかけます。 それに対する注意点をまとめました。 様々な事例、困りごとなどに対し、 自分や自分の事業所の経験、体験を 「参考程度に」 伝えるのは良い…

施設入所における「生活の制限」について

介護施設に入所するということは、 それまで送ってきた生活からガラリと違う生活になります。 その場合、多くは 今まで自由にしていたことができなくなる 自分のペースで過ごしにくくなる 施設の日課に合わせざるをえなくなる など、いわゆる 「管理された生…

注意喚起だけでは改善はしない

よく申し送りなどで、 「食事(水分)量が少ないから注意して下さい」 「掃除や物品の補充忘れがあるので注意して下さい」 「記録が薄いので改善してください」 等の話題がでるかと思います。 こういった話を聞くたびに思うのですが、 これだけで注意喚起がで…

介護とケアマネの兼任時の注意点

施設ケアマネの中には、 介護職と兼任している場合もあります。 今日はそういった場合の注意点についてです。 専任の場合は、 その利用者を完全に客観的にみることができる反面、 利用者の細かい状態や状況は介護や看護に比べ把握しづらいです。 これを記録…

失敗は素直に認めよう

先日、珍しく感情的になり、よく確認もせず文章を書いたら失言につながっていたということがありました。 個人攻撃をしたわけではないし、 全体から見れば取るに足りないことかもしれませんが、失敗は失敗です。 勿論謝罪しました。 自分への戒めも込め、 ミ…

否定する前に筋を通せ

仕事をしていると、 色々な取り組みをすると思います。 その中には、 自分の思うやり方と違っていたり、 納得のいかない内容のものも出てくると思います。 そういったものに対し、 「これは利用者には適さない」 「このやり方はおかしい」 などと言い、 適当…

ケアプランはシンプルに

介護関係者なら、 ケアプラン を知らない人はいないと思います。 ケアプランがないと、 利用者が今どういう状態・状況で、 何に困っており、 どういう生活を送りたいのか、 そのためにどのような支援をしていけばいいのか等がわかりませんよね。 本来であれ…

想いは溜めずに発信しよう

SNSやブログなどをしている方が多くいます。 それは、 日記のようなものだったり、 体験したことの共有だったり、 情報収集だったり、 コミュケーションだったり。 様々な目的で使っていると思います。 (中には悪口雑言も見受けられますが…) 今日はそんな各…

都合よく「利用者の気持ち」を使い分けるな

介護現場で、 「利用者の気持ちに寄り添った対応を」 「利用者の心境を考えて」 といった言葉を耳にすることがあると思います。 それは対人援助職として当たり前のことだし、 相手の気持ちを考えて行動する必要があると思います。 ところが、この 利用者の気…

人のミスを指摘する前に

仕事をしていると、 「●●さんの後排泄入ったら漏れていた」 「●●さんの後フロア入ると不穏になっている」 「●●さんていつも仕事が遅い」 などと、 直接言われたり間接的に言われたりした経験はないでしょうか? 私はあります。 正直、腹立ちますね(笑) 怠け…

実習生に仕事をさせるな

介護施設には時々 実習生 が来ると思います。 来てると場の空気が変わったり気を引き締めたりできるので私は好きです^_^ 今日はそんな福祉現場に来る実習生についてです。 知っての通り実習生は 実習(勉強) に来ています。 なので、事業所は、 カリキュラム…

「合わない人」だと壁を作らず、良い案はどんどん頂こう

皆さんの職場やSNSなどで、 「この人嫌い!」 「この人とは話が合わない・わかりあえない!」 という人はいませんか? 私はいます(笑) 色々な考え方があって当然なので、 合う合わないは当然あると思います。 もし皆が同じ意見や思想だったら怖いですよね。 …

夜中の排泄介助、するかしないか?

施設や病院勤務の方だと、 夜中に排泄介助、体位交換があると思います。 今日はその必要性の有無について思ったことを書きます。 結論から言うと、 そこまで無理してしなくてもいいのでは? です。 これだけだと誤解を招きかねないので解説します。 差は勿論…

休みの日は職場の事は考えなくていい

たまには息抜きしましょう^_^ 仕事に一生懸命な人や真面目な人、意識が高い人などは特に、 いつのまにか無意識のうちに、 休みの日でも仕事(職場)の事を考えていませんか? 担当利用者 会議 委員会 翌日の勤務人数 勤務表作り 行事 次の勤務日のペアの人(笑)…

機能訓練(リハビリ)の意味

今日は施設における 「リハビリ」 (機能訓練) について思うところを書きます。 介護施設で、 「リハビリ」 「できることは自分でするべきだ」 等という理由で、 時間がかかってすっかり冷めたりお粥が水っぽくなっても自分で食事を食べさせる 立てないひとを…

愚痴やネガティブ発言は悪いことではない

今日は愚痴やネガティブ発言についてというネガティブな内容について意見したいと思います(笑) 実際に経験してきた現場でもネット上でも、 「介護の人は」愚痴が多い とか、 「介護の人は」イメージが悪くなるから愚痴を言う(書き込む)ことは良くない という…

職種で差別をするな

介護業界で 「看護師に見下される」 「相談員・ケアマネに上から目線な態度をとられる」 などと言った経験はありませんか? 面白くないですよね。 「何でそんな偉そうなの?」 て思いますよね。 上記のような態度を介護がすると、 烈火の如く怒り出したり、…

エアマットは万能ではない

今日は介護現場でよく使われる エアマット についてです。 エアマットとはご存知の通り、 褥瘡のある人、そういったリスクのある人などに使われることが多いです。 それ自体は問題ないと思いますが、 ひとつ注意点。 エアマットは万能ではありません。 それ…

なるべく椅子に座ろう

施設において、 車椅子に座っている人はほぼ必ずいると思います。 車椅子は福祉用具なので、必要な人に使うのは何ら問題ありません。 しかし大した理由もなく、 何となくADLが落ち気味だからなどで、 一日中車椅子に座らせていませんか? そんな「座位」につ…

施設ケアマネは冷遇されているか?

施設において、ケアマネの存在は重要です。 配置義務があるからではありません。 ケアマネの主な業務内容として、 入退所調整及び手続き インテーク アセスメント、それに伴う各職種からの情報収集 新入所のケアプラン作成 認定更新、状態変化によるケアプラ…

申し送りの仕方

介護現場において、 申し送り は、言うまでもなく大事なものですよね。 利用者の情報 利用者の体調 利用者の変化 直近の様子 注意点 対応変更の有無 など、業務前に必ず把握し、周知されていなくてはなりません。 この申し送り、 送る側の情報収集不足や表現…

理想を言うのは簡単だ

とあるテレビ番組での発言が介護関係者の中で話題ですが、それに関連した内容を書きたいと思います。 ① 食事拒否(食べない)する方は時間をかけて 根気よく行う。食べさせないのは虐待 →表面上の訴えだけを鵜呑みにして 「いらない?じゃあいいよね」 と、す…

現場の工夫だけでは限界がある

ここ最近、介護施設での事故による訴訟の報道が相次いでいます。 報道からは断片的だったり憶測が混じっているため個々のないようについてのコメントはしませんが、 こういう報道があると大体の施設は、 利用者の行動を予測して事故を防ごう 見守りを強化し…

無理して専門用語は使わなくていい

介護の仕事をしていると、普段の会話や記録などに 専門用語 が多く出てくると思います。 KT BD spo2などのバイタル系、 KOT(排便) SS(ショートステイ) DS(デイサービス) SW(相談員などのソーシャルワーカー) CM(ケアマネ) BPSD(周辺症状) などの横文字系から…

腰痛を防ごう

今日は介護現場に常につきまとう 腰痛 について書いていきます。 介護現場において腰痛は職業病ともいえるくらい頻発します。 メカニズムについては書いていると眠くなるので(笑) 腰痛をできる限り防ぐ方法、立ち回りを自分の経験も踏まえて書いていきます。…