闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

体位交換で安眠を妨げないために

f:id:kaigobilly:20190415093408p:image

今日は体位交換についてです。

 

体位交換というと、2時間おきくらいに行っているところが多いと思います。

もちろん個人差があるので、そこは考慮しますが。

 

体位交換は褥瘡を防ぐためにも大事なものです。

ただ、少し考えてみてください。

 

 

夜間、体位交換のために2時間おきに布団をめくられ、体を動かされ、クッションを押し込まれる。

 

実際に体位交換される側で考えると、どう思いますか?

 

確かに体位交換はされていますが、2時間おきにそんなことされていれば寝れないと思います。

 

そのまま朝を迎え、起こされる。

睡眠不足のためウトウトして、記録に「傾眠」と書かれてしまいます。

 

体位交換に意識が向きすぎて、睡眠が犠牲になっていますね。

 

できる限り安眠を妨げず、褥瘡も防ぎたい…

 

このような方法があります。

 

①クッションがある場合…

通常、背中にクッションをいれることが多いと思いますが、直接体にあてず、ベッドのマットレス下に入れ、傾斜を作ります。

あとは時間をみながらそのクッションの深さを調節するだけです。

 

これならいちいち布団をめくる必要もありません。

 

次に

 

②クッションがない場合…

圧抜きグローブ(無ければ大きめのゴミ袋)を腕に巻きます。

その状態で、体に差し入れ頭部からゆっくりとシーツをなぞるように踵まで腕を動かします。

これだけです。

実際に自分で体験してみると、違いがわかります。

また、これはギャッジアップ中に行うことで、ギャッジアップで引っ張られた皮膚が戻り、褥瘡予防になります。

(ギャッジアップ中は特にお尻や背中に圧がかかります)

 

睡眠は目に見える状態がわからない分、意識がいかなくなりがちです。

 

現代社会は徐圧道具やベッド、マットレスなど高性能なものが多くでてきています。

それらをうまく使い、時には身近なもので代用することで、褥瘡予防と安眠が両立できると思います。