闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

整容の大事さ

f:id:kaigobilly:20190429234239p:image

こんにちは。

 

今日は整容についてです。

 

整容というと、

 

 

  • 寝癖を直す
  • 寝巻きから普段着への着替え
  • 目やにを取る
  • ヒゲやうぶ毛の処理
  • 口周りの汚れの処理
  • においのケア
  • 爪の手入れ
  • 衣類の乱れを整える

 

などがあると思います。

 

この「整容」ですが、

他の業務で忙しかったり、他の業務を優先されたりして、後回しになったり、おざなりになったりすることがよくあります。

 

整容も立派な業務の一つなのになぜでしょうね?

 

確かに、整容が不十分でも死にはしないし体調も崩さないかもしれません。

 

が、利用者の生活意欲は低下すると思います。

 

 

自分におきかえてみてください。

 

朝起きる際、

 

  • 寝癖はそのまま
  • パジャマのまま
  • 目やにだらけ
  • ヒゲやうぶ毛もそのまま

 

そんな状態で外出せざるを得なくなったらどうでしょう。

しかもそれが毎日続くとしたら。

 

気分も暗くなるし、なるべく人目につかないように振る舞いたくなりませんか?

 

 

逆に、顔を洗って、身だしなみを整えて、お気に入りの一張羅に着替えて出かけたらどうでしょう?

なんだか気分も上がるのではないでしょうか。

 

 

利用者にもそれが当てはまります。

 

しっかり身だしなみを整えたうえで外出(この場合は共有スペースなど)すれば、生活の意欲は高まるでしょう。

 

 

もしかしたら、今より元気になるきっかけが生まれるかもしれません。

 

 

それと、整容が不十分だと、家族の来園の低下、外部の評判の低下にもつながります。

 

「うちのじいちゃん(ばあちゃん)、いつ行ってもボサボサ頭でぼーっとしてる。行っても張り合いないしそんな姿見たくない」

 

と、思われかねません。

 

 

それに、だらしない格好をしていると、

 

「舐められる」

 

ことにもつながります。

 

 

つまり、不適切ケアにつながりやすくなります。

 

 

 

反対に、しっかり整容していれば、

「おお、いつ来てもビシッとしてる!いつ見ても昔と変わらないね!」

 

と、来園するのにも張り合いがうまれます。

 

職員からみても、身なりの整った人に対しては、それなりの態度で接するはずです。

接遇も良くなりますね。

 

 

 

家族からすれば、

 

自分の親や祖父母は、たとえ年老いたとしても

いつまでも

 

「現役で元気だったあの頃」

 

の印象が強いと思います。

 

 

それがボサボサ頭での姿を見せられたらどうでしょう。

 

ショックも倍増ですよね。

 

「普段の対応はどうなってるんだろう…」と、

施設に対する不信感も生まれかねません。

 

 

特に寝たきりの利用者の方、注意してください。

 

我々が思った以上に周りはよく見ていますよ。