闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

「普通」「常識」は使わないで

f:id:kaigobilly:20190510090604p:image

仕事について、

 

「普通はこうするよね」

「こうするのは常識でしょ?」

 

こんな言葉、言われたことがありませんか?

 

私はこの言葉が非常に気に入りません。

 

それは、

 

 

「普通」も「常識」も、人によって違うからです。

 

 

そりゃそうですよね。

 

介護現場には、様々な世代、様々な職種の人が集まっています。

更に、人の数だけ生活環境も違います。

 

Aさんにとっては常識でも、Bさんにとってはそう思わないということも多いです。

 

例えば、トイレ誘導ひとつとっても、

 

  • 食事の前に行くべきという考え
  • 食事後に行くという考え

 

とあります。

 

こういう例が膨大な数にのぼるのです。

 

 

それに、「普通は〜」と言われた側

(特に上司・先輩が部下に言うことが多いでしょうか)は、

 

自分の生き方、仕事のやり方を否定された気持ちになります。

 

そんな言われ方が続けば、

「こんな職場には居られない」

と思うでしょう。

 

 

言う側としては、「普通は〜」と言えば面倒な説明をする必要もないので、つい言ってしまうのかもしれません。

 

それは「指導力がない」と思われても仕方がないと思います。

 

 

なので、そうならないために、

 

  • 施設のマニュアルとする
  • 利用者の個別マニュアルとする

 

としてしまいましょう。

 

特に利用者関係についてはその理由も忘れずに。

利用者のことを知るうえで大切な要素になります。

 

 

こうすることで、

 

  • ケアの一定の質の担保
  • 統一したケア
  • 組織の秩序

 

が、見込めます。

 

 

 

些細なことでチームワークは簡単に崩れ、足の引っ張り合いに陥りやすいので、言い方には十分気をつけていきたいですね。

 

 

 

まあ、本音としては、

 

「普通普通うるさいな。あなたの言う普通は絶対なのか?何をもって普通と言えるんだ?」

 

なんですけどね(笑)