闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

無理して専門用語は使わなくていい

f:id:kaigobilly:20190530221732p:image

介護の仕事をしていると、普段の会話や記録などに

専門用語

が多く出てくると思います。

 

初めは知らない言葉が飛び交い、苦労した経験のある方も多いのではないでしょうか?

 

今日はそんな

 

専門用語

 

について書いていきます。

 

 

専門用語といっても医療用語やリハビリ用語の他にも、事業所によっての略語などもあり、膨大な数にのぼります。

 

カタカナやアルファベットが多くて、

正直覚えられません(笑)

 

 

でも、

知識として知っておいた方がもちろん良いんですけど、

(その方が他の職種とスムーズにコミュニケーションが取れるし)

 

介護職においては、

 

無理に専門用語や略語を使わなくていい

 

と私は考えています。

 

 

介護職なので、医療職でも機能訓練指導員でもありません。

 

無理に同じフィールドに立とうとする必要はないのです。

 

それに、

 

やたらと専門用語を連発する人は、

 

  • 専門用語を多用することで他の人にマウントをとっている
  • 知識を自慢している

 

ように思われることもあります。

 

 

略したところでかかる時間はたいして変わりませんし、本来の名称を使った方が認識間違い等を防げます。

 

全員が全員専門用語を知っているわけではないので。

 

 

それと、記録においては、

 

専門用語を極力使わない方が圧倒的にわかりやすいです。

 

特に記録は様々な職種が見たり、場合によっては市や県に見せたり、

開示要求があれば利用者本人や家族に見せなければなりません。

 

そういった意味で、

 

わかりやすい

 

書き方が求められます。

 

 

もうひとつ注意点です。

 

認知症を「ニンチ」

判断力に問題のない人を「クリア」

誘導することを「指示する」(特に記録で)

 

等の表現は、介護の現場として不適切です。

 

特に「ニンチ」なんかは、その表現自体が認知症の人を軽視しているともいえます。

それに、そういった表現は個々を見ずに認知症とひとくくりにされ、それぞれの状態やニーズを見落とすことにもつながります。

 

変に略して専門家っぽくふるまう必要はありません。

 

 

専門用語、特に他職種の専門用語は多用するとかえってわかりづらくなってしまいます。

 

職種に合った言葉を選んでいきたいものです。