闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

注意喚起だけでは改善はしない

f:id:kaigobilly:20190730010402p:image

よく申し送りなどで、

「食事(水分)量が少ないから注意して下さい」

「掃除や物品の補充忘れがあるので注意して下さい」

「記録が薄いので改善してください」

 

等の話題がでるかと思います。

 

 

こういった話を聞くたびに思うのですが、

これだけで注意喚起ができて改善できると思いますか?

 

 

食事や水分に関しては、

そもそもどうして少ないのか?

(特に今の時期は)

 

味なのか

見た目なのか

認識ができてないのか、

介助方法なのか

 

等、様々な背景があります。

 

 

補充などの雑務関係ならば、

どこかに忙しい場面があり滞ってしまうのか

個々の意識の問題なのか

マニュアルがわかりづらいのか

 

等。

 

 

記録ならば、

書き方がわからないのか

時間がとれないのか

記録の必要性がわからない(=優先順位が低い)のか

 

等。

 

 

何事においても、

何か理由があったり背景があったりします。

 

そこを知ろうとしないで、

 

注意しましょう

●●やってないじゃん!

 

などといくら言っても、進展はしないでしょう。

 

だって、原因がわからないのだから。

 

結果として事態は進展せず、

 

何もやってない

意識やスキルが低い

 

なんて思われたりします。

 

迷惑極まりないですね。

 

 

注意喚起するなら、

まず、

 

理由を調べるところからです。

 

時間はかかるかもしれませんが、

結果としてそれが解決への近道だったりもします。

 

そこがわからなければ取り組みようがなく、

毎日毎日申し送りで言ったり、

会議で上司が言ったところで、

 

話は進みません。

 

 

注意を促すだけでは改善は難しいのです。

 

急がば回れです。

 

 

 

こう考えると、

 

介護シーンは頭脳労働ですね。