闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

意見は言う人により印象が変わる

f:id:kaigobilly:20191003205949p:image

 

会議などで、

利用者の対応や仕事の進め方などについて、

 

「●●するのはどうですか?」

「●●という案があります」

「こないだ研修(もしくは本やネットなど自分で学んだ知識)でこんなことを知ったんだけど、ここでやれそうじゃない?」

 

というような様々な提案があると思います。

 

 

それは仕事の効率化につながったり、

利用者に対しもっと良いケア、負担の少ないケア)につながることが期待できたり。

 

 

しかし、時には、(ほとんど?)

 

「でも人数が…」

「みんなができるとは限らないし」

「成功するとは限らないし」

「リスクがあるから…」

 

などと、

 

反対、否定的な話が返ってくることがあります。

 

客観的にみて、それが理にかなってるのであればいいのですが、

中には、

 

面倒くさい

一時的に仕事が増える

 

という気持ちが見え隠れしていることもあります。

 

そういう人たちの方が面倒くさいです(笑)

 

 

 

ところが、

同じ内容の意見や提案でも、

 

役職や発言力のある人(いい意味でも悪い意味でも)、看護や相談員、ケアマネなどの他の専門職が言った場合は、大した反対意見も出ずに話が進むことがあります。

 

そういう事例を沢山見てきて、その度にモヤモヤしていました。

 

お前らは人によって態度変えるんかい!

 

って。

 

 

 

これは、

 

好意的な人、声が大きい人(お局や老害とか(笑)権力がある人の意見は前向き(賛成)にとらえ、

あまり好きでない人や経験の浅い人などの意見は否定的(反対)

 

にとりやすいのかなと思います。

 

 

結局、

意見の「内容」でなく、「言う人」

によって決めているということで、

それは意見の内容を理解しているとはいえないでしょう。

 

 

提案者の好き嫌いや元々の印象(仕事ぶりなど)

によって捉え方が変わるなら、

いい意見を拾い損ねることにもつながりかねません。

 

それなら、

無記名で意見を募り、それについて会議などの公の場で議論したほうが良いでしょう。

意見を出す側も遠慮や忖度なく意見を出せるし、

出た意見全てを先行イメージなしで見ることができます。

 

会議などで事前に意見を集めておくのは、

スムーズな進行のためというのもありますが、

こういう側面もあると考えています。

 

 

人によって考えを変えるようなものであれば、

たとえある程度話がまとまったとしても、

 

それが周知されないかもしれないし、

何のためにその取り組みを行うのかわからず、

ただ機械的、事務的に行うことにもつながります。

 

対人援助職としては致命的です。

 

 

 

それを逆手にとって、

上司などを味方につけ、そこから発信してもらうという手もあります。

ただし客観的にみて確実に利用者・事業所にとってプラスになる意見で、

目的がハッキリしているもののみにしてください。