闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

利用者体験は意味があるのか?

 

f:id:kaigobilly:20191020012443p:image

 

あるテレビ番組で、

 

実際に身体拘束を受けてみる

 

という内容のものがありました。

 

 

こういうケースを見るたびに思います。

 

何の意味があるのか?と。

 

テレビでは、

身体拘束を体験→「酷い、悲しい」という感想…

 

という流れでした。

 

 

「こんなに酷いことはしないでおこう!意識を変えよう!」

 

という流れにもっていきたいのかなと思います。

 

 

でも、考えてみてください。

 

身体拘束を受ける側が「辛い」というのは、見ればわかります。

そこまで感覚が麻痺しているわけじゃありません。

 

身体拘束をせざるを得ない事情(利用者の状態・他利用者の安全面・人員・ハード面など)

があって、やむなく行っているのです。

 

意識が低いからではないし、職員が楽をしたいからでもない。

 

意識どうのこうではなく、

「身体拘束をせざるを得ない原因」

を調べていかなければなりません。

 

 

簡単に

 

利用者が苦痛だとわかるでしょ?→じゃあ、やめよう!

とはならないのです。

 

 

 

同様に、

 

オムツ体験

ミキサー食体験

車椅子体験

 

もそうです。

 

 

それぞれ、そうせざるを得ない事情がある。

 

オムツの中に排泄する不快さ、

ミキサー食の違和感、

車椅子の座位環境の悪さ、

 

そんなことはわかっています。

 

 

仮に、「利用者にとって不快だからやめよう」

という話になったとき、

 

「どうやって?見込みはあるの?」

 

となります。

 

常時失禁で座位が取れない人をどうやって安全にトイレ誘導する?

咀嚼や嚥下に難がある人にどうやって安全に常食を食べてもらう?

歩けない人をどうやって椅子まで誘導する?

 

それらを行なって他の業務に支障が出ない?

(サービス)残業の嵐にならない?

職員の腰などに負担はかからない?

まさか職員の根性にでも頼る気?

 

 

そういうことです。

 

 

意識ひとつでどうにかできるものじゃありません。

 

やるなら入念なアセスメント、リスクへのフォローなどの下準備が必要なのです。

 

 

 

うがった見方をすると、

 

「利用者の不快感も知らないおまえらに体験させてやるよ。どうだ、不快だろう?なら取り組みするべきだよな?何とかしろよ。」

 

と思われてるような気がしてなりません。

 

そんな利用者体験に何の意味があるのでしょうか。

しかも大体短時間、短期間で。

 

 

何事もそうですが、

 

意識を高く持つのはいいことだと思います。

だからこそ、入念な情報収集、下準備をし、少しづつ取り組む必要があるのではないでしょうか。

 

 

 

 

〜今日の一枚〜

HILLBILLY HEADHUNTERS 「DOWN DEATH ROW」

f:id:kaigobilly:20191020043600j:image

スイスのサイコビリーバンド。

ミニアルバムながら曲もバラエティに富んでいます。

中でも「HILLBILLY HEADHUNTER」はクラブヒットナンバーでもあり、フロアで流れたらパンチ合戦が起きることも。