闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

オムツは悪なのか?

f:id:kaigobilly:20191207022144p:image

介護現場(特に施設)で、

 

オムツゼロを掲げる事業所は多いです。

 

 

オムツに排泄することで、

 

プライドを傷つける

「俺(私)もここまでになったか…」という落ち込み

排泄したオムツをしばらく当ててることによる皮膚トラブル

 

などの弊害が出てきます。

 

 

これだけだと確かに、オムツに抵抗感があると思います。

 

 

 

しかし、だからといって声高々に

 

「当事業所はオムツはしません!」

 

となってしまうと、

 

 

漏れによる着替えが多発、それによる利用者の精神的ショック

(排泄アセスメントをしても、排泄時間はランダムなので完全には防げない)

トイレを気にして活動に参加しない

トイレを気にして水分をとらない

トイレを気にして眠れない

 

 

といった弊害が出てきます。

 

どちらにしても、メリットとデメリットが出てきます。

 

 

 

これ、両極端なんですよ。

何で全員一律でオムツ、全員一律でオムツゼロっていう考えになるのか。

 

オムツを使えばトイレを気にせず活動に参加できます。(失禁の不快感はあるけど)

布パンツであれば排泄面で心理的抵抗はほとんどないでしょう(自由にトイレに行ける環境があって、漏らさない限りは)

 

 

 

こういう考えだから、

 

トイレに行ける人でもオムツにする

立たない、座れない人を数人がかりでトイレに座らせる

 

 

といったことが起こるんですよ。

 

何で全員一律で対応を決めようとするのか。

 

 

 

 

私はオムツもパンツも、どちらが良くてどちらが悪いかという考えはありません。

種類が違うだけだと思っています。

 

 

なので、

その人に適した排泄用具を使えばいいだけの話だと思っています。

 

 

尿便意の有無、立位や座位の可否、自分の意思で排尿排便できる認知面、筋力の評価など…

 

これらを観察し、トイレに行ける人はトイレに、

そうでない人はオムツにすればいいんです。

 

 

あと、

失禁の状態も見極めが必要です。

 

腹圧性…腹圧時に生じる失禁。尿道括約筋そのものが弱いもの。咳やくしゃみ、立ち上がった際等に漏れやすい。骨盤庭筋訓練で効果があるといわれている。


溢流性…何らかの拍子に漏れてしまうもの。前立腺肥大や子宮筋腫など、尿道に抵抗があるもの。尿意がはっきりせず、排尿までに時間がかかり、残尿感もある。薬での治療や、残尿そのものへの対処、関連疾病の対応が効果があるとされている。


切迫性…トイレに間に合わずに漏れてしまうもの。排尿筋の無抑制収縮、頻尿、膀胱炎などが原因といわれている。切迫感があり、尿意を感じてからすぐ漏れてしまったり、下着を降ろしている途中で漏れたりする。薬での治療や膀胱訓練が効果があるとされている。


機能性…認知面やADL低下によるもの。

 

 

こんな感じで失禁の種類があります。

 

 

ここを見極めれば、どの部分にアプローチしていけば良いかが見えてきます。

 

間に合わないなら移動介助、

無意識に漏れているなら泌尿器科受診の検討…

 

などです。

 

 

これらを踏まえ、かつ利用者の意向や負担を考慮して、使う道具を決めていけば良いです。

 

また、出かける時はオムツを使うなど、場面や状況によってオムツとパンツを使い分けても良いでしょう。

 

「パンツじゃなきゃだめ!」

「オムツじゃなきゃだめ!」

というわけではないです。

 

 

 

あと補足ですが、デイやショートの利用者で、明らかにトイレに行ける状態なのにオムツを使う人が時々います。

 

この場合事業所の判断ですぐにパンツをすすめたり、トイレ誘導をしたりはしない方がいいです。

 

というのは、

サービス利用がない日は家族が家で利用者を見ているケースがほとんど。

 

家庭の限られた環境、家族の介護力では、ヘタにトイレに行かれるよりは、オムツ交換の方が負担は少ないです。

トイレを汚す、道中で転ぶなどの心配が出てきます。

 

この辺りはケアマネに報告しておくくらいで良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

全員一律の対応は、利用者にとっても職員にとっても負担が大きいです。

 

パンツだオムツだと言う前に、

ひとりひとりをよく観察し、排泄のどの部分に支障が出ているかを調べる。

 

まずはここからだと思います。