闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

移乗を振り返ってみる

f:id:kaigobilly:20200107002926p:image

 

介護現場では当然のように、

移乗をする場面があると思います。

 

食事やおやつ、そして入浴やレク等で、

1日片道5〜7回+排泄介助数くらいでしょうか。

それが移乗介助対象の利用者人数分だから、

それなりに時間もかかってくるかもしれません。

 

特に特養のような施設だと、自力で移乗できる人なんて何人いるでしょうね。

 

大体何かしらの介助を受けている利用者の方が多いと思います。

 

 

 

この、「移乗」ですが、利用者の状態を見極め、介助方法をうまくやらないとかえって職員・利用者双方に負担がかかります。

 

 

よく見かける、見かけたのが、

 

座位、立ち上がり、立位保持が難しいのに無理矢理立たせる。

そして立たせながら移乗する。

 

この方法ですが、

座位、立ち上がり、立位が難しいがために、

職員が力任せに抱えて「立たせながら移乗している」

ことになりがちです。

 

また、無理矢理立たされるため、利用者は恐怖感を感じ腰が引け、ますます座ろうとします。

それを更に職員は立たせようと力を込めるため、ますます双方の負担は増えます。

職員にぶら下がるような形になってしまい、痛みや脱臼などにも繋がりかねません。

 

更には立たせながら移乗するということは、

きちんと足の位置を整えられないということになります。

足を引きずられたり捻ったりしやすくなり、骨折などのリスクが増えます。

 

 

 

私が思うに、移乗する際は、

 

前屈みになり、足を引く

きちんと立位をとる

足の踏み替えをしっかりする

向きを変える

移乗する

 

これらの動作を区切って行う方が良いと思います。

 

 

なので、職員の技術を工夫する

(利用者が移乗動作をとりやすい姿勢作りやサポート)

等を行なってもこの動作を区切って行えないような利用者の心身状態であれば、

 

専門職間で協議し介助方法を見直したり、スライドボードやスライドシート等の道具に頼った方がお互いの負担は軽減されると思います。

 

 

一例ですが、

座位はとれるけど立ち上がりや立位保持が難しければスーパートランスやスライドボードなどを使う。

寝たきりで座位保持も難しいような状態であれば2人介助でスライドボードやリフトを使う。

 

などです。

 

(ちなみにスライドシートは大きいビニール袋で代用できます)

 

職員にとって負担が少なければ利用者にとっても負担は少ないです。

 

 

 

でもまれに、

職員が踏ん張ってやっとこ

「立たせている」

ような状態にも関わらず、

 

「足の力が落ちる!できることはやらないと!寝たきりになる!」

 

などと、どこか思い違いをしたような意見が飛んでくることがあります。

 

 

本人が足の力を使えてなく、職員が力任せに持ち上げて「立たせている」のが残存機能なんでしょうか?

 

 

移乗場面に限らず、機能訓練なら他の場面でもできます。

 

移乗だけにこだわる必要はないと思います。

(機能訓練指導員に相談するといいでしょう)

 

 

 

 

職員の技術・知識の向上で、

立てないと思われていた人が立てたり、

二人じゃないと移乗できないと思われていた人が一人で移乗できたりすることもあります。

 

この辺りは沢山本が出ているので、一度目を通してみると良いと思います。

 

で、得たものをチームで共有する。

 

この繰り返しで、チーム全体のスキルが底上げされるでしょう。

 

 

 

今までやっていた移乗方法を変えるのは不安かもしれませんが、適切なアセスメントと適切な技術でスムーズにいくこともあるので、

「やらず嫌い」にならないで、話くらいは聞いてみても良いと思います。

 

 

 

最初から否定的では移乗に限らず、気づきにもつながらず良いケアに結びつかないと思います。