闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

介護施設に入職の新人、異動する職員が持った方がいい意識

f:id:kaigobilly:20190414212758p:image

4月に入り、介護業界にも新人が来たり、異動や昇進等があるかと思います。

 

特に新人さん、意識しておいた方がいい事があります。

 

それは、

「入ったばかりの今この時期が、いちばん客観的な視点でいられる」

 

ということです。

 

「介護の常識は世間の非常識」という言葉があるくらい、介護施設内は特殊です。

 

 

 

タメ口、挨拶しない、ご飯におかずやクスリを混ぜる、無言で車椅子を押す、あからさまな不機嫌な表情での仕事等…

これらは他の業種ではほぼみられません。もちろん、そんな悪い面ばかりじゃないことも知っています。

 

が、配属された所がそんな「世間一般からみて非常識」だったらどうでしょう。

新人は先輩から指導を受け、先輩のマネをします。

最初は「これ、おかしくない?」と思っていたことがいつしか「当たり前」になり、何の疑問も持たなくなります。

 

そのうちモラルの低下、不適切なケアの蔓延、利用者への「気づき」の見落としへとつながり、ケアの質の低下を招き、いつまでも「介護施設の常識は世間の非常識」

と言われ続けるでしょう。

 

 

 

ただ、「そうは言っても配属したばっかりでそんなこと言えないし、刃向かうようにも捉えられかねない…」

という心境もあると思います。

 

なので、「気づいたことや気になったこと等は、日時も合わせてなるべく早めにメモしておく」

これをオススメします。

後で確認できるし、自身の意識の悪化を防げます。

 

記録に残しておけばいつでもそれを問題提起できるので、ある程度仕事に慣れたころ、小出しに提案しても良いでしょう。

 

自分が何か不利益な扱いを受けた時の証拠にもなります。

または「録音」も良いと思います。確実だし、自分が話した内容も証明できます。

私は今でも利用者に対する気づきをメモしておき、会議の議題にあげたりしています。

すぐメモしないと忘れますからね。

 

異動した場合も、同じ方法が使えます。

 

繰り返しになりますが、

 

「外から来た人の方が物事を客観的に見れる」

ということです。

 

仕事に慣れた人ほど、感覚が麻痺しており、気づくものも気づけなかったりします。

 

「この人はこういう人だから」

「昔からウチの施設はこのやり方だから…」

 

こういうセリフ聞いたことある人多いんじゃないでしょうか?

 

もうこういう事言う時点で麻痺してます。

ベテランの方、注意していきましょう。

 

 

 

新人さんの質問や提案は大事にした方がいいです。

経験不足だからと雑に扱わず、しっかり聞いてあげてください。

ベテランには思いつかない意見を持ってくると思いますよ。

 

そして新人さん、入ったばかりの頃の気持ちを忘れず、そのままでいて下さい。