闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

力をもらえる前向きソングベスト10

f:id:kaigobilly:20200406100120p:image

 

先日、某音楽番組のスペシャル版で、

 

力をもらえる前向きソングベスト10

 

ていう企画がありました。

 

 

 

ということでこの企画に便乗して、ブログ番外編ということで、

 

「個人的に力をもらえる前向きソングベスト10」

 

を紹介します。

 

趣味合う人がいるといいなあ…なんて。

 

 

THE HIGH-LOWS 「サンダーロード」

f:id:kaigobilly:20200406100600j:image

ご存知ブルーハーツ(現クロマニヨンズ)のメンバーによるバンド。

その中のベスト盤からのセレクト。

 

そこまで激しい曲ではないですが、聴きやすくて歌詞も覚えやすいです。

 

ヒロトマーシーに向けて書いた曲…という説もありますが、

親友、家族に向けた曲ともとれそうです。

 

 

 

THE BLANKEY JET CITY 「CAT WAS DEAD」

f:id:kaigobilly:20200406102028j:image

こちらも説明不要。ブランキーのファーストアルバム。

ファーストだからなのか音(ミックス?)も荒削りだけど、ロックンロールの魅力がそこには詰まっています。

 

その中から1曲目をセレクト。ロカビリーっぽい曲調が個人的にツボ。

 

ラストダンスのDVDでのこの曲、めちゃくちゃカッコいいです。

 

 

③ SORROW 「Estados.Unidos.America」

f:id:kaigobilly:20200406102016j:image

川村カオリさんのバンド。ソロのポップさとはうってかわってダーティなロックンロールなバンドです。

 

グレッチにウッドベースの編成は最高です。

 

メンバーもSOBUT.ASSFORTのメンバーと、間違いない人達です。

 

ファーストアルバムからこちらをセレクト。

 

そこまで激しい曲ではないですが、ウッドベースのバキバキなスラップが楽しめます。

 

 

④ THE STRUMMERS 「SPIRITS OF FUCKIN' STREET」

f:id:kaigobilly:20200406102216j:image

名前の通り、THE CLASHを彷彿とさせるパンクロックを聴かせてくれるバンド。

THE CLASHのメンバーに、ストラマーズというバンド名をいじられたらしい…

 

初期のベスト盤からこちらをセレクト。

 

ストラマーズにしては激しめでカッコいいです。

 

残念ながらヴォーカルが2017年に亡くなってしまいました…

 

 

THE STREET SLIDERS 「downtown sarry」

f:id:kaigobilly:20200406102747j:image

1980年結成のブルース、ロックンロールバンド。

ブルースを基調としたミディアムかつやさぐれててカッコいいです。

 

ファーストアルバムからこちらをセレクト。

他の曲にはない、速いテンポの曲でカッコいいです。

 

DJがたまに流してました。

 

 

⑥ THE PEPPERMINT JAM 「サングラスマン」

f:id:kaigobilly:20200406103901j:image

ロカビリーバンドという括りですが、歌謡曲っぽさ、情景がイメージできるような歌詞。

他のロカビリーバンドとは少し感じが違います。

 

ファーストアルバムからこちらをセレクト。

CD見当たらなかったんで、レコードの方で(笑)

 

クラブヒットナンバーのド定番です。

 

ライブ観たい…

 

 

⑦ SA 「LETS GO GARAGE」

f:id:kaigobilly:20200406104342j:image

 

THE MODSのトリビュートアルバム(ラインナップ超ヤバい!)

から、SAがカバーしたこちらをセレクト。

 

より激しくなって、曲とも合ってて最高にカッコいいです。

 

SAのプレイだとわかりつつも、原曲のかっこよさも失われていません。

 

 

⑧JUNIOR 「スカンク、聖地へゆく」

f:id:kaigobilly:20200406104718j:image

クラックザマリアン・16TONSのメンバーによるアイリッシュパンクバンド。

 

アイリッシュが入りつつパンクの激しさが強い曲。

 

ガチャガチャしていてカッコイイです。

 

 

⑨ MODERN B BEARD 「海賊船〜オーロ・ブラッディーマリア号〜

f:id:kaigobilly:20200406105339j:image

こちらもアイリッシュパンクに分類されるバンド。

海賊、海、酒がピッタリで、曲や歌詞にもそれが現れてます。

 

テンポ速めのこちらの曲をセレクト。

 

残念ながら現在は活動していませんが、復活を強く祈ってます。

 

 

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT 「武蔵野エレジー

f:id:kaigobilly:20200406105743j:image

最後はこちらを。

これも説明不要なバンドですね。

 

the birthdayのメンバーのガレージ・ロックンロールバンド。

 

シングルのB面ですが、そのCDが見当たらないのでベスト盤を。

 

この曲はめったに見れないウッドベースを使っており、ミドルテンポながらスラップをバキバキやっています。

 

ちなみにベースのウエノさん、前にお会いしたことがありますが、めちゃくちゃいい人でした!

サインしてもらって写真まで撮って貰えたのは良い思い出です。

(私はガッチガチに緊張してほとんど話せませんでしたが…)

 

 

 

以上、個人的に力をもらえる前向きソングを紹介してみました。

 

音楽番組みたいなジャンルではないですが、どんな音楽であれ、それが好きな人にとっては力をもらえるのもまた事実。

 

 

色んな音楽を聴いてみたいです。

些細なミスならフォローし合えばいい

f:id:kaigobilly:20200402233129p:image

 

仕事をしてると、他の職員の些細なミスに気づくことがあるかと思います。

 

 

例えば、

 

・物品の補充のし忘れ

・ゴミの出し忘れ

・掃除忘れや汚れが取り切れてない状態

・食事量などのチェック漏れ

・リネン交換忘れ

 

など。

 

 

逆に自分にもミスや抜けがあるかと思います。

 

人間だもの。

 

 

 

で、こういった些細なミスや抜けを

 

誰かの仇かっていうくらい指摘したり、

付箋やメモをわざわざ貼ったり、

自分の持ち場を離れてでも当事者に言いにいったりする人がいます。

 

しかもそういう人って大体、言い方がキツイ人。

 

 

ちなみに私が経験した不快度ナンバーワンは、

勤務が終わってるのに職場に残って、さりげなく人のミスをチェックしたり、

「ほら、●●さん動きそうだよ」

とかっていちいち言ってくる人でした。

 

 

 

 

確かにミスを教えるっていう意味だけでとれば、

その人のやり方は間違ってないかもしれません。

 

 

でも、そんな些細なミスで、

 

そこまでする必要ある?

 

って思います。

 

 

同じ人が同じミスをしてたり、

食事忘れや入浴忘れなどであれば別かもしれませんが。

 

 

利用者に影響がなければ、

 

気づいた人がフォローしてあげればいいだけだと思います。

 

 

 

え?そうすると、同じ人が同じミスをする?

同じ人がフォローする?

いつまでもミスや抜けにきづかない?

 

じゃあ、それって、

 

いつも同じ人が同じミスしてるっていう確証があるの?

同じ人がフォローしてるっていう確証があるの?

ていうか、そこまでもしわかってるなら、指導しとけよ。

 

て思います。

 

 

 

細かいことでわざわざメモ貼ったり何なりって、

 

ただの粗探しにしか思えません。

 

 

そしていつしか、

 

「●●さんに言われるからやらなきゃ」

「糾弾されるからやらなきゃ」

 

ていう意識になりかねません。

 

 

その業務本来の理由や目的が、何か言われるからという理由になってしまいます。

 

 

 

そして更に、

 

「この前言われたから私も言ってやる」

 

等と、人のミスを探すようになります。

 

 

こうなるとただの粗探しのやり合いです。

 

 

職場環境としては窮屈で最悪です。

 

 

気の弱い人なんかは常にビクビクして仕事するかもしれません。

 

 

 

私みたいなテキトー人間は、

 

「あーはいはいスンマセンネー」

 

って流すことが多いですが、

 

 

それでもいい気はしないしこれが続けば多少なりとも腹は立ちます。

 

 

かといって私は人のミスにいちいち目くじら立てたりしないで、

 

気づいた時点でフォローしてます。

 

 

些細なことで指摘し合うのも時間のムダだし人間関係に少なからず影響されると思っているから。

 

「夜勤(日勤)大変だったんだろーな。」

「今日人いないし大変だったんだろーな。」

 

くらいにしか思いません。

 

 

かといってユルすぎると、

 

「誰かがやるからいいや」

 

ていう意識が芽生えたりもするので、

 

極端すぎるのも良くないですが。

 

 

 

 

 

 

人のミスに過剰反応する人。

 

そういうあなた達も結構やらかしてますよ。

 

そしてそのミスを文句も言わずにフォローしてくれてる人もいるんです。

 

 

 

重大な案件ならまだしも、些細なものなら気付いた時点で対応する。

 

それだとダメなんですか?

ストレスや落ち込みを和らげてくれた曲②

f:id:kaigobilly:20200329005840p:image

 

ここ最近批判的なことばかり書いてたので、

クールダウンも兼ねて通勤・退勤時に聴いてリラックスしているものを紹介します。

 

何故か仕事中に特定の曲が頭に流れるってこと、ありません?

 

私の脳内BGMも兼ねての紹介です。

収録CDもあわせてどうぞ。

 

 

 

①THE DEAD P☆P STARS 「旗の下に」

かまいたちのメンバーによる新バンド。

他のアルバムにも収録されていますが、こちらの2枚組ベスト盤からのセレクト。

 

危なさが滲み出るサウンド、攻撃的な歌詞。

PVもはちゃめちゃでカッコいいです。

f:id:kaigobilly:20200329010220j:image

 

ACID BLACK CHERRYエストエム」

アルバム「L」 収録。

メタリックで重厚なサウンドかつ聴きやすいメロディ。

ヘドバン必至です^_^

 

エス」と「エム」とは…

つまり、そういう意味でしょう(笑)

f:id:kaigobilly:20200329010245j:image

 

③D'ERLANGER 「限界破裂」

hide TRIBUTE Ⅶ –Rock SPIRITS- 収録。

このCDのバンドは、いわゆる「レジェンド級」ばかり。

その中からD'ERLANGER の「限界破裂」をセレクト。

年齢・キャリアを重ねた余裕、安定感の中にも妖艶さが滲み出るカバー。

原曲の良さも活かしています。

f:id:kaigobilly:20200329010320j:image

 

 

Penicillin 「MELODY」

インディーズ時代のシングル。

まさかの2枚組で、2枚目はメンバーのトークCD(笑)

インディーズ時期のためか、時代を感じる音作りかなと思いますが、当時からシーンで抜きんでていたセンスは必聴です。

 

そして曲もそうだけどトークCDも結構面白い(笑)

f:id:kaigobilly:20200329010351j:image

 

 

FANATIC◇CRISIS 「クラウディア」

ラストアルバム収録。

この世代のヴィジュアル系バンドの中では比較的ポップでとっつきやすいバンド。

ちなみにボーカルの石月努さんは今でもソロで活動を続けています。

f:id:kaigobilly:20200329010414j:image

 

 

HILLBILLY BOPS 「真夜中をつっぱしれ」

「HILLBILLY THE KID〜DOWN THE LINE」に収録。

ロカビリーバンドの中ではかなりポップで、チェッカーズにも似た印象ですが、

そのポップさとメロディセンスは秀逸。

カバーもいくつかしており、そっちはしっかりロカビリーしてます。

f:id:kaigobilly:20200329010445j:image

 

 

⑦THE CHERRY COKE $ 「GYPSY MOON 」

アルバム「THE ANSWER」収録。

アイリッシュパンクバンドで、現在も精力的に活動中。

アイリッシュ色とパンクの疾走感が合わさり、

ダイブ、モッシュしたくなります。

(ちなみに私はライブで暴れて流血しました(笑))

f:id:kaigobilly:20200329211603j:image

 

勝手にしやがれ 「You'd be so nice to come home to 」

アルバム「LET'S GET LOST」収録。

ジャズパンクバンドの異名が示すとおり、

荒々しいジャズが聴けます。

このアルバムの中からカバーソングをセレクト。

この曲は中島美嘉さんがボーカルをしており、

声も見事にマッチしています。

f:id:kaigobilly:20200329010538j:image

 

 

PEALOUT 「 心臓が動き出すとき」

アルバム「原始進化」収録。

オルタナ・UKロックな曲もあれば、envyのような轟音サウンド、更にはピアノを取り入れた跳ねた曲もあったりと様々。

その中から、轟音高速サウンドのこちらをセレクト。

残念ながら現在は解散しています…

f:id:kaigobilly:20200329010605j:image

 

 

OCEANLANE 「SO ALONE」

シングル「Look Inside The Mirror」に収録。

UKロック、エモとでも言うんでしょうか。

ロックバンドと括るのは簡単ですが、海外の影響(メンバーも帰国子女)を受けているのか、

同じメロディの綺麗さでも既存の日本のバンドとは少し違います。

残念ながら現在は無期限活動休止となっています…

f:id:kaigobilly:20200329010628j:image

 

 

自粛自粛の生活の中、介護業界は仕事を自粛するわけにもいかず、リモートワークもできず、仕事に行かねばなりません。

 

仕事をしていればストレスも溜まるし、色々な感情も沸きます。

 

 

私の場合は音楽やスケボーでストレス解消していますが、

それらに限らず仕事とプライベートを上手く切り替えながら過ごすことが、

仕事もプライベートもうまくいくのかなと私は思っています。

(プライベートに重点を置きすぎて骨折したこともありますが(笑)

 

「介護職は●●だ」って何をもってそう言える?

f:id:kaigobilly:20200107005205p:image

私は仕事の調べ物や新しい知識・考え方を得るために本やネットを多用します。

 

 

が、特にネットで、

「介護職は●●だ」

「看護師は●●だ」

「相談員・ケアマネは●●だ」

「介護現場は●●だ」

「介護はオススメしない!他の仕事に転職した方がいい!」

 

というような主張・発信をたびたび目にします。

 

 

内容としては、

 

低賃金・重労働・人間関係が悪い・サービス残業ばかり…

 

などが多かったです。

 

 

 

確かにそういう事業所もあるかもしれませんが、

それは別に介護業界に限ったことじゃないと思います。

 

他の仕事だって、不満なんて探せばいくらでも出てくるでしょう。

 

職場の数だけ事例も事情もあるだろうし。

 

 

 

冒頭に書いた意見・主張を見るたび思います。

 

何をもってそう判断できるんだと。

 

 

言いたい気持ちはよくわかりますが、

 

それって今自分がおかれた状況での話じゃないですか?
ハッキリとそうだと言い切れるんですか?

 

 

私はよく外部の研修などに行き、そこで他の事業所の人たちと交流をもったりしています。

 

給料や人間関係など、そりゃ話題になりますよ。

 

 

でも、

内容はバラバラです。

 

 

即退職届けを叩きつけたくなるようなブラックな事業所もあれば、

給料が良い、人間関係が良い、休みが取りやすい、柔軟な考えを持っているなど、

 

すぐにでも履歴書持って行きたいくらいの事業所もあります。

 

更に、職種によってこの部分も変わってきます。

 

 

ついでに言えば、ネットやSNSなどでも、事業所の待遇はバラバラでした。

 

 

 

なのに、

 

「介護職は●●だ」

「看護師は●●だ」

「相談員・ケアマネは●●だ」

「介護現場は●●だ」

 

という「マイナス部分が多いという決めつけ」

の多いこと。

 

中には「介護職は頭が悪い」ていうトンデモ意見もありました。

(この部分だけピックアップして後でブログにするかもです)

 

 

 

どんな印象にしろ、

 

せめて「私が知っている事例では」くらいは付けたほうがいいんじゃないでしょうか?

 

 

介護業界を知らない人、

それこそこれから要介護認定を受けようとしているような人たちなどは、

 

こういう意見をそのまま鵜呑みにする可能性があります。

 

 

 

事実に基づいて確実にブラック(もしくはホワイト)の事業所だとわかったうえで、その事業所のみを抜粋して説明・紹介するならまだしも、

業界全体を一緒くたにして説明・発信なんかされたら、

 

介護業界に関わる前から(職員側・利用者側双方)

マイナスイメージがついてしまいます。

 

大げさかもしれませんが長期的にみると、

働き手も利用者も減るかもしれません。

 

 

 

それでも業界全体を一緒くたにして物申したい人は、

 

そんなに介護業界から離れて欲しいんですかね?

それとも、不安や不満を煽って霊感商法みたいに何かを契約させたいんでしょうかね?

 

 

特に後者の場合、書き方が露骨です(笑)

最前線で頑張っている介護関係者の叫びと全然違う。

 

 

 

現場(介護に限らず)での叫びならともかく、部外者が

 

介護業界にマイナスイメージを植え付け、

最前線で頑張っている介護関係者を煽るような真似はやめてほしいものです。

 

 

 

介護業界に限らず、職員の不安や不満なんて大なり小なりある。

介護業界だけが突出して「大変な仕事」ではないと私は思っています。

 

あるとすれば、業界の問題ではなく、

 

「事業所の問題」

 

になるのではないでしょうか。

 

 

自分の職場がブラック(もしくはホワイト)だからといって、業界全部がそうとは限りませんよ。

 

 

 

介護福祉士の資格は意味がないのか!?

f:id:kaigobilly:20200326215749p:image

 

先日、

介護福祉士の試験の結果が発表となりました。

 

 

受験された方の中には、

ドキドキしながら結果を待っていた方もいたことでしょう。

 

インターネットでも、リアルでも、

その話で盛り上がっています。

 

 

そして合格された方、

おめでとうございます!!

 

 

同じ資格持ちとして、宜しくお願いします^_^

 

 

 

 

 

…と、ここまでで終わればいいのですが、

昨日介護福祉士の資格について気になる意見を目にしました。

 

しかも複数人から。

 

 

 

それは、

 

介護福祉士の資格は取っても意味がない。

・資格は肩書き。実績ではない。

・資格を取ってもメリットがない。

・取得に対してのコスパが悪い。

・資格取得に労力を使うなら副業(何やるんだかわかりませんが)をしたほうがいい。

 

 

だいたいこんな感じでした。

 

 

 

思うのは別にいいと思うんですよ。そんなのは自由だし。

 

もし仮に自分が何かの資格を取った際、それを活かす場に出会えなかったりしたら私ももしかしたら上記のような印象を持ったかもしれないし。

 

 

 

ただね。私がいちばん気になったのは、

 

何でわざわざ介護福祉士の結果発表の日にそんなことを発信したり、

合格者に上記のようなことを言って水をさすような真似をするのか?

 

というところです。

 

まあ、ごく一部ではあるんですが。

 

 

 

ただ、後で知ったのですが、こういうことを言うのは揃いも揃って、

 

介護福祉士をとってもいない人

介護業務に従事していない人(部外者・第三者)

介護業界に首を突っ込んでくるよくわからない横文字系の会社の人

 

 

だいたいこんな感じでした。

 

 

 

資格が無駄とか言われて、試験のために努力した方などはムッとしたかもしれませんが、

 

私はこう思いました。

 

「そういうことは介護の仕事に就いてるうえで、実際に取ってみてから言ってみな。
介護の経験もなく、取ってもいない資格をディスっても何の説得力もないぞ。」

 

と。

 

ロクに介護の経験もなかったり、その資格も持ってないような人に資格をディスられてもねぇ…(笑)

 

 

 

介護福祉士に限らずメリットだのコスパだので資格を語りたくないんですが、

介護福祉士でいえば、

 

 

一定以上の知識、スキルがあることの証明になる

知識がつくことで、気づきにつながる

事業所の加算に関係する

就職、転職の際に有利

資格手当がつく

 

などでしょうかね。

 

そして何より、得た知識によって、根拠や理由のはっきりした対応ができることです。

 

 

何にせよ、

頑張って勉強してとった国家資格。

意味がないはずなんかない。

 

意味がないなら国家資格になんかならないでしょ?

 

 

 

くだらない意見に惑わされないでください。

 

 

 

でも、注意点もあります。

 

それは、

「資格を取ったから終わり」ではないということです。

 

 

法律も介護技術も知識も日々変わってきます。

 

日々勉強をしろとまでは思いませんが、

少なくともそういう部分についていけるくらいのアンテナは張っておく必要があると思います。

 

 

10年前に介護福祉士をとった人と、

今年介護福祉士をとった人では考え方も違います。

 

そりゃそうです。勉強の内容が違うんだから。

 

 

ここに気づかないと、

 

「俺(私)の時は●●だった」

 

としか言えない、所謂老害・お局となりかねません。

 

注意していきましょう。

 

 

 

そして改めて合格者の皆さん、

合格おめでとうございます!!!

職場の離職理由、考えたことある?

f:id:kaigobilly:20200324002215p:image

 

介護現場は人員不足だと多方で言われています。

 

ただ、その事業所や利用者の状態などで変わってはきますが。

 

 

今日は年度末でもあるということで、

 

退職

 

についての意見を書きます。

 

 

 

 

 

私は過去、そこそこ長い期間勤めていた事業所があります。

 

そこは、どういうわけか退職者が後をたたない。

 

人間関係が悪いわけでもない。

 

待遇も悪くない。

 

なのに退職者が多い。

 

 


離職者が多くて通常業務に支障が出たり、ユニットを一時閉鎖したこともありました。

 

 


でも、その場しのぎの「対策」は立てていましたが、

 

肝心の「なぜ、退職者が多いのか」を分析してた様子はありませんでした。

 


上司は「みんなで協力し合って頑張ろう」

 

と繰り返すだけ。

 

 


介護現場は「忙しい」「人がいない」

 

と繰り返すだけ。

 

 

特に介護現場については、

 

どこにどれくらい支障が出ているかを説明する人もできる人もおらず、

ただ「忙しい」と言うだけでした。

 

 

 

 

この一件について思ったのは、

 

上層部はなぜ、「退職理由」を調べようとしなかったのか。

管理職会議などで議論しなかったのか。

 

 

介護現場については上記の思いに加え、

 

どこにどのくらい時間がかかって、

現在の人員ではどれくらいの支障が出ているのか。

 

これを分析、言語化して議題にあげることをしていませんでした。

 

 

 

これでは、

 

今の介護現場はどれくらい業務に支障が出ていて、それをクリアするにはどれくらいの人員が必要かの分析ができず、上層部も必要人数を知ることができないです。

 

結果として、介護現場サイドは入職人数が少ないと上に不満を漏らし、

上層部サイドはせっかく人数増やしたのにまだ言ってくるのかという不信感につながります。

 

お互いの意見やその背景がきちんと伝わらず、職場環境の悪化につながりかねません。

 

 

 

加えて、

 

「なぜ、退職者が後をたたないのか」

 

を組織として分析しなければ、いつまでたっても退職者は後をたたず、その場しのぎの対応が続きます。

 

きちんとした指導ができておらず一人立ちが不安になっていないか?

無意識のうちにパワハラをしている人がいないか?

勤務時間に対して業務を詰め込みすぎていないか?

そもそも給料が安いのか?

 

など、退職理由を調べることで、見えてくるものもあり、職場環境の改善につながる。

結果として退職者数の減少にもつながります。

 

 

 

募集をかけて入職を待ち、そこから入職した職員を育て上げて戦力にするまでの時間、労力、費用をかけるより、

今いる職員が辞めないような環境にする方が遥かにスムーズではないでしょうか。

 

 

 

 

せっかく縁あって出会い働いてくれているのだから、

少しでも長く働いてくれるような環境作りを望みます。

介護における「仕事の意識」とは

f:id:kaigobilly:20200323232048p:image

 

仕事の同僚との会話やネットでの会話の中でしばしば、

 

仕事への意識

 

が話題になることがあります。

 

 

①「利用者の笑顔のためにしている。そのためにはサービス残業もする!給料は二の次。文句なんてもってのほか。介護をさせて頂いている」

 

みたいなものから、

 

②「仕事は仕事。勤務時間での仕事しかしない。お金のために介護の仕事をしてるから時間になればさっさと帰りたい。暴力?粛々と対応するべき」

 

 

なんてところがよく目にする意見でしょうか。

 

 

 

で、その次に来るのが、

 

これらの意見の対立

 

です。

 

 

 

①のような考えの人は②のような考えの人に対し、

 

「冷たい。そんな意識でいいのか?」

 

 

などのような印象をもったり、

 

逆に②のような考えの人は①のような考えの人に対し、

 

「お花畑。キラキラ系。何でそこまで自分の時間を犠牲にする必要がある?」

 

 

なんていうような意見を持ったりしています。

 

 

 

両者真逆ともいえる主張だから、納得(論破?)してもらうのは相当大変だと思います。

 

 

でも別に個人的には、

 

「どっちでもいいんじゃない?自分の思想を人に押し付けなければ」

 

 

と思います。

 

 

何故なら、仕事への意識や考え方なんて、

利用者には関係ない。

 

どんな思想であろうと、職場の理念、就業規則、業務マニュアル、ケアプランなどに沿った仕事をしてくれる人であれば、意識なんて関係ないと思います。

 

それに意識なんて目に見えないものだし、

わざわざ利用者に、

 

「私は仕事に対して●●という考えです」

 

なんて言う人もいないでしょう。

 

 

①のような意見の人でも仕事が雑で口ばっかりなら利用者や事業所から良くは思われないし、

逆に②のような一見冷たく見える印象の意識の人が、勤務時間内は完璧に仕事をこなしていれば、

利用者もそちらを選ぶのではないでしょうか。

 

これは逆も然りですね。

 

 

 

 

自分の思想を人に押し付けたり、論破しようとするからこじれるのです。

 

特にネットでの関係ならなおさら。

 

「お互い顔も職場も知らないのに何で思想を押し付ける必要がある?押し付ける意味は何かあるの?」

 

て思います。

 

 

 

自分と相手は違う人間です。

 

考え方なんて違って当然です。

 

 

自分の思想を過度に主張したり押し付けたりするなんて傲慢だと思います。

 

 

そんなのは意見交換でもカンファレンスでも何でもありません。