闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

施設で物やお金が無くなったと言われたら

f:id:kaigobilly:20190522232117p:image

介護施設において、利用者から

  • 物が無くなった
  • お金がなくなった

 

という訴えがあったらどうしますか?

 

 

というのも、先日とある記事で、

利用者の私物が無くなったという訴えがあり、

その訴えをそのまま鵜呑みにして、たまたまその日の担当だった職員を犯人扱いして解雇したという内容がありました。

 

事実かどうかはわからなくても、そのお金が出てこない限り訴えは続くし、施設への不信感は残り続けるでしょう。

 

だったら、適当な理由をつけて職員を悪としてしまえば、とりあえずの面目は保てるかもしれません。

 

ある程度しっかりしている利用者であれば自分でお金を管理している人もいるし、毎日毎日残金チェックを職員がしているケースも多くないでしょうから、なおさら職員を責めやすいです。

 

介護福祉士のテキストや認知症ケアの中で

「訴えを傾聴して一緒に探しましょう」

なんてうたっているくせにです。

 

職員としては迷惑でしかありません。

 

「あの人、利用者のお金(物)とったらしいよ」

と噂もたつため、その人の社会的信用も落とされるなど、影響も大きいです。

 

事実かどうかもわからない理由で処分されてはたまったもんじゃないです。

介護の担い手もいなくなります。

 

 

ここで、お金や物がなくなった場合の利用者の心理状況を簡単に分析してみましょう。

 

無くなる…

→(自分は無くしたことがわからない・残金を把握していない・無くなったと思い込んでいる等)

→お金を使ってもいないし外に持ち出してもいない

→自分は無くしてない

→よく部屋にくる職員がやったとしか思えない。その人しか部屋に来ていないから。

 

 

…簡単にまとめるとこのように思うことが多いです。

 

その人の性格や認知症の有無などで相手の捉え方も異なるため、本当に対応が大変です。

 

攻撃的になったり、意欲低下になったり…

 

全パターンを網羅できるようなマニュアル作りは恐らく不可能でしょう。

 

 

かといって、

「ウチは知りません!あなたの勘違いです!」

で終わらせるのもどうかと思います。

 

利用者をあまり傷つけず、事業所や職員を守るためには、

 

  • 日々の記録やチェック表
  • 事業所での貴重品は事務所等に預けるか原則持ち込み不可
  • 無くなったという訴えがあった際は、本人の周囲や居室、行動半径をくまなく探す。本人からの聞き取りをしっかり行い、それらの記録を残す

 

でしょうか。

 

これも個人的にはベストとは思えませんが、現時点ではベターな対応なのかなと思います。

 

 

いちばんやってはダメなものが、

 

  • 利用者の訴えを鵜呑みにして、職員を一方的に責める
  • 訴えのみで判断して弁償する

 

です。

 

事実確認がはっきりしていないのに、こういった対応をとってしまうと、

事業所の過失を認めたと判断されかねません。

 

 

特に上司や管理者の方、注意してください。

 

 

利用者の訴えと同じくらい、職員の話も聞いてあげてください。

介護職員の虐待の背景

f:id:kaigobilly:20190523124004p:image

先日、またも介護職員による虐待の報道がありました。

 

当然ながら虐待はやってはいけないことだし、事実であれば相応の償いをする必要はあると思います。

 

 

しかし、これらの報道を見聞きするたび、

 

介護職員は質が低い。だから虐待をする

 

というような印象を与えているように思えます。

 

 

ちょっと考えてみましょう。

 

介護現場は、

 

  • ギリギリ、もしくは足りない人員の中で全ての利用者にケアをする。
  • 給与や休日などの待遇の低さ
  • 何度も同じことを言われたり、暴言暴力に日々耐えている。(病気ということは承知してますよ)
  • 社会的地位の低さ
  • 訴訟のリスク
  • トラブルの矢面に立たされる

などなど…

 

初めは理想や優しさなどを持って入ってきた職員も、こんな状況が毎日続けば次第に心を蝕まれていきます。

(そんなことないっていう方はぜひ、そういった環境をしばらく体験してみて下さい。大なり小なりそういった感情が芽生えると思います)

 

 

虐待をする職員も、全部が全部悪い人ではなかったはず。

 

初めから問題があるような人は別として、

多くの場合、

徐々に徐々に心を蝕まれ、普通の判断ができなくなり、何かのはずみでタガが外れたり、僅かな不適切なケアがキッカケになり虐待につながったりしているのではないでしょうか。

それだけのストレスの中にいるのです。

 

だから、研修などで「虐待はいけません」なんて言ったところで、あまり効果はないでしょう。

そんなことわかりきってるし、虐待になる背景を分析してアプローチしていかないとならないのですから。

 

 

報道や掲示板などを見ると、そういった背景は一切取り上げられず、事件を起こした個人を責めたり、介護職全体を質が低いと責めたりしているように思えます。

 

そうなると、

「虐待ばかりするような介護業界にお金を出す必要ない」

と、介護報酬の削減まで検討されるような気さえします。

 

冗談じゃないですよね。

 

 

とはいえ、

 

「こんなにストレス溜まるんだから虐待しても仕方ない」

 

とは思いません。

 

働く側も、自分がそうならないように自分を律する必要があります。

 

 

私の経験でいえば、

 

  • 介助が雑になる
  • 言葉使いが雑になる

(これらは特に認知症や寝たきりの人に対して)

 

となってきたら黄色信号です。

 

これらの場合、「ここまでならいいだろう」というハードルが徐々に下がり、より不適切な対応、ゆくゆくは虐待となる可能性が高いです。

 

不適切な対応は虐待の入り口ともいえると思います。

 

なので、

私の場合はそうなりそうな兆候になったらいったん落ち着き、別の仕事をしたり、時には担当業務を変わってもらったり、開き直って時間内に終わらせようとせず、ひたすら丁寧に業務を行うようにしています。

 

感覚が麻痺して無意識のうちに虐待をするよりよっぽどマシです。

 

ある著名な先生が言っていたのですが、

 

「自身の心に防犯カメラを置くような気持ちで働く」

 

こうするようにしています。自分を客観的に見るためです。

 

 

介護現場は初めに書いたような様々な原因で苦しんでいます。

虐待を正当化するつもりはありませんし、多くの職員がそうならないよう頑張っています。

 

 

介護現場を叩く前に、(特に介護業界に無関係の方)厳しい配置基準で精一杯頑張っているということはわかって頂きたいです。

 

 

 

 

(そもそも、「人が少ないんだよ!どうやって一人や二人で全員対応するんだよ!」てのがありますけど…)

全員同じケアが平等ではない

f:id:kaigobilly:20190521052857p:image

今日は介護現場における

平等について

書いてみたいと思います。

 

 

皆さんは

「平等」

についてどういうイメージですか?

 

全員同じ対応をすることでしょうか?

それとも、

個別に必要な対応を行なっていくことでしょうか?

 

 

というのも、今まで経験してきたことや見聞きしたことで、こういった事例が多かったのです。

 

〜外食について〜

A「●●さん、外に食事に行きたいって。」

B「え。でも●●さんだけズルくない?皆が同じ事言ったら対応できないよ。特別扱いできないから断ろう。」

 

 

〜入浴について〜

A「●●さん、もっと長く湯船につかりたいって。」

B「ダメだよ。皆が同じこと言ったら風呂終わらないよ。●●さんだけ特別扱いできないよ。」

 

 

〜おやつについて〜

A「●●さん、おやつ買って食べたいって。」

B「ダメダメ。他の人が欲しがるし皆が同じこと言ったらどうするの?」

 

 

〜排泄編〜

A「●●さんから、毎日2回お尻を洗って欲しいって。」

B「できないよ。皆が同じこと言ったらどうする?この人だけ特別扱いできないよ。」

 

 

〜コミュニケーション編〜

B「●●さん(こだわりが強め)に優しくしないで。話は適当に切って。ただのワガママだから。」

A「痛いとか痒いとか、全部まっとうな理由じゃない?」

B「じゃあ他の人が皆同じこと言ったらどうするの?対応できないじゃない。」

 

 

こんなところでしょうか。

 

どれにも共通してるのが、

 

「他の人が皆同じこと言ったらどうするの?」

 

というものです。

 

一見、もっともだと思うかもしれませんが、

そもそも、

 

  • 全員が全員同じニーズとは限らない
  • 人によって状態が違うので、支援する部分や量は違う
  • 他の人(特に意向確認が難しい人)のニーズを把握しての発言なのか

 

ここです。

 

大体、「皆が皆〜」と言ってる人は、

比較的こだわりが強い人に対しての対応時間が多いことが嫌で、

それをしたくないがために他の人

(コミュニケーションが困難な人や寝たきりの人など)

を引き合いに出していることが多いです。

 

それを裏付けるように、

認知症の人で対応に時間がかかるような人やターミナルの人などに同じくらいの時間をかけても何も言ってきません。

 

 

 

その人に合った対応をしていくことが平等であり個別ケアです。

かかる時間も当然違います。

全員同じケアを同じ時間に同じ量を行うのが平等ではないのです。

 

人員や環境面などから全てを対応するのが難しいことももちろんわかります。

 

話せる人は話を聞きながらその理由を探り、話せない人は家族や生活歴などから可能な限り読み取り、今の戦力で対応できるものを行なっていく。

 

感情で動かず、その部分をじっくり考えてから動いていきたいものです。

施設での外食の意味

f:id:kaigobilly:20190520142730j:image

今日は施設での外食について考えてみようと思います。

 

施設で「外食」というと、

  • 行事扱いになるため起案書作くところからはじめないといけない
  • 車椅子対応可能な環境の店になるから選択肢が狭まる
  • みんなが行かないと不平等

などといった意見を多く聞いてきました。

 

 

また、外食にかぎらず、利用者の外出に関して、

  • 体力的に大丈夫なのか
  • 出先で何かあったらどうするのか

等、消極的な考えの人も多かったです。

 

それ言われるともはや何もできないように思いますが…

 

私がいちばん驚いたのは

「施設で同じようなもの出せるんだから、わざわざ食べに行かなくてもいいじゃない」

 

というものです。

 

 

何かひっかかりませんか?

 

食事の目的は単なる栄養補給だけじゃありませんよね。

 

食べたいものを食べたい時に食べたい人と食べたい場所で。

 

そういう要素が生きがいをもたらせてくれます。

 

何なら、行事と称して家族も呼んで家族と一緒に食事してもらうのもいいですね。

 

 

食事を栄養目的としかみれず、外食や持ち込みを否定するのは、対人援助者としてどうなのかと思います。

 

 

外に出て社会に触れるということは、それだけで社会に参加しており、社会と一因という実感がもてます。

 

自分のしたいことを自分で選び行うことが、たとえそれがその人にとって多少不便なものになろうとも、達成感や満足感、生きがいにつながります。

 

安全の名の下、職員が一から十まで決め、それをすすめるというのは、諦めや意欲低下につながりかねず、

 

「●●さん、最近元気ないね」

 

と、

そうなった理由も予測できずにみてしまい、

 

「じゃあ、安静にしようか」

 

などと、ますます元気がなくなるような対応をとってしまうのです。

 

 

自分におきかえてみてください。

 

自分の人生を自分で決められないということは、相当なストレスになりませんか?

 

それが、何年も何十年も続くとしたら…

 

何もかもどうでもよくなったりするんじゃないでしょうか。

 

 

生きるということにおいて、私たちは様々なことを「選択して」動いていますよね。

起きてからの行動、着る服、その日の過ごし方…

 

それこそが「自律」です。

 

 

不平等?

じゃあ個々に行きたい場所を調べ、施設の対応力と照らしあわせながら、少しずつ行っていけばいい。

そもそも、皆が皆外食ニーズがあるとは限りません。

(不平等とか皆に同じ対応はできないとか言う人は、当然他の人達の外食ニーズを把握してるんですよね?)

 

何かあったらどうする?

何かあってもいいような体制を整えればいい。

もちろん100%防ぐことはできないので、その部分はしっかり本人や家族に説明しておく必要がありますが。

 

 

食事に限ったことではないですが、

利用者の自主性を引き出し、

少しでもイキイキとした毎日を送れるようなケアをしていきたいものです。

外で学んだ知識や技術はどんどん試そう

f:id:kaigobilly:20190517170651p:image

学んだ知識や技術は現場に活かそう

介護の世界で、数多くの研修・学習会・セミナーがあります。

  • 介護技術
  • 認知症対応
  • 医療
  • チームマネジメント
  • 経営

などなど…

ケアマネの更新研修なんかもありますね。

 

 

著名な方が行うものから有志の団体が行うもの、仲間内が中心となってすすめるものなど、

内容も形態も様々です。

 

私も色々なものに参加し、学んでいます。 

 

外での学習というのは、

自分の社内だけでは気づかないような部分を気づかせてくれたり、

新しい考え、世界を知ることができます。

(社内だけではどうしても偏った考えや内容になりやすいです)

 

 

そうやって得た知識や技術、

試したくありませんか?

 

学んだものが現場や利用者に上手く馴染めば最高ですよね。

 

自分だけが知ってるという優越感もいいのかもしれませんが(笑)

 

 

人相手だからこそ、色々な方法を行うことができます。

 

それに学んだものは現場に還元させないと貴重な時間やお金を使った意味がないといえます。

 

 

介護現場は、新しいことには消極的な傾向があるように思えます。

 

それは皆が知らないということと、どうしても一時的な負担があるから。

 

なので、

得た知識はどんどん出していきましょう。

皆に周知しましょう。

わからないものは教えてあげましょう。

 

それが全体の知識、技術の底上げに繋がります。

 

 

介護現場の場合、誰か一人だけが150の力をだせるより、

全員が80の力を出せるほうが良いです。

 

 

それがケアの統一化、均一化、そして全体のレベルアップになっていきます。

 

 

ただしここで注意点があります。

新しいことを始めるということは、その事業所において

「前例がない」

ということになります。

 

学んだ知識や技術を試す前に、 

 

何かあった時や失敗した時のフォローができるか

 

ここをきちんと意識してください。

 

 

わかりやすい例だと、

 

新しい移乗方法を試そうとして、失敗して転倒、そして骨折となったら目もあてられませんよね。

 

相手からしたら、

「頼んでもないのに余計なことをしたばっかりに!」

なんていう事態になりかねません。

 

そうならないよう、事前に

  • 何かあった時のフォロー体制の構築
  • 周りの職員(特に直属の上司)に、期待できる効果と考えられるリスク、リスク回避のための方法の説明及び理解

 

等をしておく必要があります。

 

 

大切なのは、

研修やセミナー等の内容を盲信して、よく考えもしないで現場で行おうとしない

 

これに尽きます。

 

 

それらを注意したうえで、楽しく学んでいきましょう。

 

自立に向けたケアとリスクという名の過剰なケア

f:id:kaigobilly:20190514223458p:image

今日は、自立・自律に向けたケアと、

リスク管理

 

について考えていきたいと思います。

 

 

こんな事例ありませんか?

 

  • 過去に転倒・転落をした、もしくはしそうなため、歩ける可能性があるけど車椅子対応
  • 一度むせたから食事形態を下げる
  • 前に部屋で落ち着かなかったからセンサーを設置する

 

などなど…

 

その対応自体はいいんです。

 

ただ、

 

現在と状態が違っているのに

過去の事例からの対応がそのまま続いているのが疑問なのです。

 

 

実際、対応が続いている理由を聞いてみると、

  • 前に転んだから
  • 前にむせたから
  • 最近は大丈夫だけどいつ何があるかわからないから念のため
  • 高齢者だから無理させないように

 

 

というような答えが返ってくることがほとんどです。

 

この考え方に疑問があります。

 

 

そういう対応が必要な場面も確かにあります。

が、

その原因分析もせず、それがずっと続くと利用者の状態は更に低下していくでしょう。

 

その時だけの対処方法で、

その時だけの感情で、

「何かあったらどうするの?」

だけでは、

 

  • 利用者の状態は低下し

(介助量の増加に伴い、本来使える機能を使う場面が減る

  • 職員は疲弊し

(介助量の増加・センサー対応)

 

介護保険法に位置づけられている

「自立(自律)に向けた支援とかけ離れてしまいます。

 

 

何のために色々な専門職がいるのでしょうか。

 

それぞれの専門性を活かし、一時的に最初に書いた対応をしたとしても、

 

  • なぜ、その状態になったのか
  • それはいつからなのか
  • 現在の状態はどうなのか
  • 対応を変える(前の対応に戻せる)可能性はあるか
  • それを始めるとしたら、いつからいつまで、どの部分を重点的に観察し、評価するのか
  • 今後起こりうるリスクと、そのフォローは可能か
  • その対応が今の人数、環境で可能か

 

などなど、じゅうぶん議論できます。

色々な専門性をもつ人たちが集まっているのですから。

 

 

相手は様々な病気や個性をもった高齢者です。

徐々に衰えていくのは自然の流れです。

 

ですが、原因を調べもせず、

現在の状態と照らし合わせもせず、

過剰なケアをしていませんか?

それが時には衰えを助長することにもつながります。

 

いまいちど、

  • そのセンサーは必要か
  • ミキサー以外にアプローチできる可能性はないのか
  • 尿意があるのにオムツにしていないか
  • 立てるのに車椅子にしていないか
  • それらの原因・理由は明確なのか

 

振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

補足です。

昨今の訴訟事情はご存知だと思います。

 

最近だと、

  • おやつを詰まらせた
  • トイレで転倒してその後食事がとれなくなった

などがありますね。

 

私たちは報道されている部分しか知ることができないので、関係者の心境や関係機関の環境などはわからないので、内容について意見する気はありません。

 

が、

こういった世間の風潮も、

「何かあったら…」という考えに拍車をかけ、

 

いわゆる

「守りに入る」「無難にまとめる」

といった流れになってきていると思われます。

 

気持ちは十分わかります。 

 

しかし、日本全国数多くの事業所があり、

その中で毎日毎日膨大な数の事故が起こっているわけではないでしょう。

 

事故が起こっている日より起こっていない日の方が多いはずです。

 

更に、その起こった事故の件数の中で、

訴訟に発展するような大きなものであったり、要望の多い家族がいるケースというのは更に少ないはずです。

 

であれば、

常日頃から家族に対しコミュニケーションをとり、その時その時の状態を伝え、改善の可能性があるならそれも相談し、情報を共有していけば良いと思います。

 

家族からしても、ずっと連絡も何もなかったのに突然

「骨折しました」

「亡くなりました」

の連絡がきてはビックリして当然だし、何か落ち度を疑いかねません。

 

 

これも経験があるのですが、

 

施設に入所時は歩けていたのが、翌年には車椅子が必要な状態になり、プランの更新で来た家族に

 

 「デイサービスでは元気だったのにどうしてこんなになったんですか?」

 

と、責められたことがありました。

 

 

反面、こまめに連絡を入れていた家族のケースでは、

骨折が起こった時も状況説明をきちんと行ったことで、理解してもらえました。

 

 

家族の知識量による差はあるとは思いますが、

そういう細かなコミュニケーションをとっておけば、いざという時お互い楽になります。

 

 

家族も巻き込んだケアを行うことで、

 

利用者には安心感、

家族には「ケアに参加している自覚」

 

が得られます。

(私のケアマネ時代、サービス内容に利用者本人が行うもの、家族が行うものを入れていました)

 

 

うまく家族の理解・協力をとりつければ、これほど心強いものはありません。

 

 

なるべく前向きに、少しでも自立・自律に向けた支援ができるといいですね。

心が折れそうになったら

f:id:kaigobilly:20190511024923p:image

 

今日はちょっと暗い話かもしれません。

 

 

介護の世界に飛び込んだのに、気がつくと、

  • 仕事に行きたくない
  • 仕事に行こうとすると具合が悪くなる
  • 気分が落ち込む
  • 食欲がない、もしくは食欲がありすぎる
  • 眠れない

 

こういう経験のある人をよく耳にします。

 

いわゆる

  • メンタルが弱っている
  • 病んでいる

 

などと表現されるものです。

 

誰だってなりたくてなるわけではないとおもいます。

 

しかし、

 

  • 利用者対応がうまくいかない
  • 職員間の人間関係が良くない

 

などの要素が毎日重なり、徐々に心や体が蝕まれていきます。

 

それに、そういった状態に適応しようと、頭も麻痺するため、正常な判断をしているつもりでも、できなくなってきます。

(ブラック企業をなかなか抜け出せない心理状態と似ていますね)

 

 

限りなく赤信号に近い黄色信号です。

 

 

これで職場を長期間離れたり、福祉の世界から去った仲間を何人も見てきました。

 

それに…私も同じような経験をしてきています。

落ち込んだり、蕁麻疹が続いたり、職場で倒れたり、脳梗塞に似た症状が出て救急搬送されたり…

 

 

友人にも、先輩からのパワハラに似た注意が続き、長期療養を余儀なくされた人もいます。

 

しかも、こういうケースは職場で噂になりやすく、それがますます事態を悪化させます。

たまったもんじゃないですよね。

 

 

 

私の個人的見解ですが、利用者に対することよりも、

圧倒的に職員同士の人間関係が原因のことが多いと思います。

もちろん、事業所にもよるので一概にはいえませんが。

 

 

一度こうなると、自分一人では解決するのは難しいし、先程も書きましたが、考えが麻痺しやすくなっているので、今置かれた状況で悩み続ける無限ループに陥りやすくなります。

 

自分が悪いんだと思い込みやすくなる。

周りが全て敵に見える。

 

 

自分のことを理解してくれる友人知人がいればまだいいですが…

 

 

 

もし自分の周囲にそういった状況で苦しんでる人がいたら、

 

助言はせず、ただ話を聞いてあげてください。

 

面白半分に周囲に話さないでください。

(というか、口外しないでください)

 

回復には時間がかかるので、見守ってください。

 

そういう人が周囲に一人でもいるとわかれば、だいぶ楽になれます。

 

 

また、

もし自分が悩み苦しむ立場になったら、

 

異動や転職などで環境を変えたほうがいいです。

 

会社は自分の身体や心まで守ってくれません。

 

後々まで引きずることになるので、傷が浅いうちに手を打ったほうが良いです。

無理をして残るほうが心にも身体にも悪いです。

 

今のご時世、転職は悪いことではありません。

むしろ今までと違う環境や考えに触れることで視野は広がります。

 

私も診断がつく前に異動や転職をして、今は元気にやれています。

あのままだったら今こうしてブログを書いたりはしていないし、介護の世界からも離れていたでしょう。

 

 

せっかく縁あって出会った福祉の世界。

こんなことで福祉が嫌になったり、嫌にさせたりしないで下さい。