闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現状に対し色々な方法を提案するという形で闘っていきます。

利用者体験は意味があるのか?

 

f:id:kaigobilly:20191020012443p:image

 

あるテレビ番組で、

 

実際に身体拘束を受けてみる

 

という内容のものがありました。

 

 

こういうケースを見るたびに思います。

 

何の意味があるのか?と。

 

テレビでは、

身体拘束を体験→「酷い、悲しい」という感想…

 

という流れでした。

 

 

「こんなに酷いことはしないでおこう!意識を変えよう!」

 

という流れにもっていきたいのかなと思います。

 

 

でも、考えてみてください。

 

身体拘束を受ける側が「辛い」というのは、見ればわかります。

そこまで感覚が麻痺しているわけじゃありません。

 

身体拘束をせざるを得ない事情(利用者の状態・他利用者の安全面・人員・ハード面など)

があって、やむなく行っているのです。

 

意識が低いからではないし、職員が楽をしたいからでもない。

 

意識どうのこうではなく、

「身体拘束をせざるを得ない原因」

を調べていかなければなりません。

 

 

簡単に

 

利用者が苦痛だとわかるでしょ?→じゃあ、やめよう!

とはならないのです。

 

 

 

同様に、

 

オムツ体験

ミキサー食体験

車椅子体験

 

もそうです。

 

 

それぞれ、そうせざるを得ない事情がある。

 

オムツの中に排泄する不快さ、

ミキサー食の違和感、

車椅子の座位環境の悪さ、

 

そんなことはわかっています。

 

 

仮に、「利用者にとって不快だからやめよう」

という話になったとき、

 

「どうやって?見込みはあるの?」

 

となります。

 

常時失禁で座位が取れない人をどうやって安全にトイレ誘導する?

咀嚼や嚥下に難がある人にどうやって安全に常食を食べてもらう?

歩けない人をどうやって椅子まで誘導する?

 

それらを行なって他の業務に支障が出ない?

(サービス)残業の嵐にならない?

職員の腰などに負担はかからない?

まさか職員の根性にでも頼る気?

 

 

そういうことです。

 

 

意識ひとつでどうにかできるものじゃありません。

 

やるなら入念なアセスメント、リスクへのフォローなどの下準備が必要なのです。

 

 

 

うがった見方をすると、

 

「利用者の不快感も知らないおまえらに体験させてやるよ。どうだ、不快だろう?なら取り組みするべきだよな?何とかしろよ。」

 

と思われてるような気がしてなりません。

 

そんな利用者体験に何の意味があるのでしょうか。

しかも大体短時間、短期間で。

 

 

何事もそうですが、

 

意識を高く持つのはいいことだと思います。

だからこそ、入念な情報収集、下準備をし、少しづつ取り組む必要があるのではないでしょうか。

 

 

 

 

〜今日の一枚〜

HILLBILLY HEADHUNTERS 「DOWN DEATH ROW」

f:id:kaigobilly:20191020043600j:image

スイスのサイコビリーバンド。

ミニアルバムながら曲もバラエティに富んでいます。

中でも「HILLBILLY HEADHUNTER」はクラブヒットナンバーでもあり、フロアで流れたらパンチ合戦が起きることも。

 

家族対応の難しさと対応一例

 

 

f:id:kaigobilly:20191019231152p:image

 

介護・医療関係の仕事で、

避けて通れない家族対応。

 

自身の経験も踏まえた私の考えを書きます。

 

 

 

 

 

 

 

正直なところ家族対応について、

中にはめんどくさいと思う人も一定数います。

 

それは、

気難しい家族やクレーム気質などの家族がいたり、

そもそも

「対応方法がわからない(教わらない)

という部分があるからです。

 

 

もちろん話を真剣に聞いてくれる家族もいますし、

こちらが恐縮するくらい気をつかってくれる家族もいます。

 

家族としても、自分の身内を思っての言動、行動ですので、

対応の難しさを家族のせいにするのも個人的にはどうなのかなと思います。

 

 

 

で、

 

せっかく来てくれた家族に対して、対応方法がわからないからと、

 

挨拶のみ

 

では、

 

ちょっと寂しいですね。

 

何より、利用者の状態は日に日に変化していきます。

ほぼ毎日接している職員と違い、

時々、しかも生活の様子を把握していない家族の方が、

 

利用者の変化に気付きやすいです。

 

そこを説明せず、いきなり状態が変わったという現実を目の当たりにするのであれば、

 

どうなってるの?

 

と、口には出さずとも不信感につながりかねません。

 

特に最近では訴訟の報道も多くあり、

何かあってから

「前から●●で…」と初めて伝えたところで、

言い訳や隠蔽に思われるかもしれません。

 

 

個人的体験及び周囲の事業所の状況から、

 

普段からコミュニケーションをとり、こまめな情報提供を行っていた方が、何かあった際にトラブルになりにくいし、大きな状態低下などの現状を受け入れやすいのかなと思います。

 

 

例えば、定期の状態報告。

月イチ〜2ヶ月くらいの間隔がいいでしょう。

 

その期間中に変わった所を伝えます。良いことも悪いことも。

必然的に情報をまとめることになるので、

これはモニタリングにも使えます。

 

これを繰り返すことで、状態変化を少しずつイメージしてもらい、受け入れやすくなるように。

 

 

いきなり「立てなくて…」「ご飯が食べれなくて…」「看取りが…」

て言われてもビックリするし

 

「お前ら何やってたん?」て思われかねません。

 

 

 

 

 

 

 

クレームなどは、

自分の思っていた状況と現実が大きく異なっていた場合に起こります。(体験談)

 

なので、

自分の思っていた状況と現在の状態の差が縮まるようにすればいいと思います。

となると、常日頃からの状態報告が大事になってきますね。

 

昨今の訴訟も、そういう普段からのコミュニケーションをしていれば話がこじれなかったものもあったのかもしれません。

 

 

そうした細かい報告は信頼につながります。

仮に事故が起きても話がこじれなくなる可能性もあります。

(だからといってリスクマネジメントに手を抜いていいってわけじゃないですよ)

 

実際に骨折案件を対応したことがありますが、上記のやり方を事前に行っていたため、

トラブルになりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

連絡はできれば直接声で伝えるのがいいでしょう。

その時の口調、対面なら表情。それらが全て報告するスパイスになります。

 

手紙もいいですが読まれない可能性があります。

ただしあまり事業所に顔を出さない家族であれば、

毎月の請求と一緒に手紙にまとめて送るという手もあります。

 

そうなると必然的に月に1回は状態報告

(=モニタリングの材料)

 

となりますね。

 

 

 

 

 

 

連絡担当は介護職がいいでしょう。

利用者の普段の様子をいちばんみてるから。

(仕事は増えますが…)

 

 

報告が苦手なら、相談員やケアマネなどの相談援助職にアドバイスを求めてもいいと思います。

 

というか、最低限の言葉使いなどの社会人の常識をわきまえておけば、報告ひとつでそうそうこじれません。

 

 

最初はみんな対応は苦手です。

これは場数を踏むしか無いでしょう。

 

 

 

余談ですが私は、

 

「入所しても家族も介護者の一員といえる」

 

と思っています。

 

顔を見せるだけでもだいぶ違うと思います。

 

 

なのでケアプランを作った時、

面会など、家族が担当する項目もサービス内容に入れていました。

もちろん話し合いながらですよ。

 

でないと押し付けになりかねないので。

 

そうすることで家族も「関係者」という意識を持つことになると思っています。

 

プランに関係した話もしやすくなりますしね。

 

 

 

(入所したら「後はよろしく」て人も少なからずいるので…)

 

 

 

 

 

〜今日の一枚〜

日本脳炎 「HONG KONG CAFE」

f:id:kaigobilly:20191019235137j:image

ハードコアとロックンロールが見事に融合したバンド。

中でも「ネオンライト」は聴きやすく名曲と評判です。

 

腰痛に悩んでいる人へ

 

私イチオシの醤油です。贈り物などに!

 

男性も女性も綺麗でいましょう!

資料や申し送りは一目で理解できるものを

 

f:id:kaigobilly:20191012030055p:image

連絡事項などを書いた申し送りや資料などを

 

紙やパソコンに記して職員に周知させる。

 

 

よくある光景だと思います。

 

 

この、

 

「紙やパソコンに記した申し送りや資料」

 

ですが、

 

だいたい

 

そこそこ長い文章が書いてある

 

ものだと思います。

 

 

必要だと言われればそれまでですが、

 

そういう長文で、

 

本当に全職員に周知・理解が図れているでしょうか?

 

 

一例ですが、

ある利用者が車椅子から椅子に座り変えるという対応に変わりました。

 

ノートに経緯及びその旨を書いた申し送りもされていました。

 

しかし現場では、

 

ただ座らせているだけ

(座り直しがされていない)

そもそも座り変えすらしていない

 

なんてことが多々ありました。

 

 

さりげなく理由を聞いてみると、

 

読んだけど忘れた

よく内容がわからなかった

一応読んだ

 

といった答えがほとんどでした。

 

 

どういう経緯でどういった目的で対応を変えたのかが周知されていなかったのです。

 

そのため、

 

「椅子に座り変える」

 

という部分だけ覚えていた結果が、

滑り座り防止のための座り直しを行わない

 

ということになったり、

 

理解していない、流し読みをしているという結果、

そもそも周知すらされていない

 

という結果になったのです。

 

 

そういう私も、

 

長ったらしい申し送りは一度読んだだけでは理解はできず、

業務に抜けがあった…

 

ということもありました。

 

 

このことから、

 

長い文は集中力を維持したまま最後まで読まれないか、

読んでも理解(頭に入りにくい)しきれない

 

のではないかと思います。

 

忙しくて時間のない介護現場はなおさら。

じっくり集中して読む時間もないし、

 

日々変化がある介護現場では業務に追われ、

そんな長文の申し送りなど忘れやすくなります。

 

 

なので、申し送るなら、

 

できる限り短くシンプルにして、一目で見て内容がわかるようなものがいい。

そしてできれば文+図の組み合わせがいいでしょう。

 

 

これは、

職員の基礎知識、

意識、

考え方、

スキルなどが

 

それぞれ違うということもありますが、

 

何よりわかりやすくなります。

 

 

なので、

図+その根拠・理由となる一言コメントを書いたもののほうがわかりやすく、周知もしやすいかと思います。

 

 

堅苦しい文章で見た目を意識するのではなく、

理解・周知を目的とするため、

一目でわかるような工夫をした方がいいです。

 

 

理想は説明書やスーパー、ゲーム屋などのチラシです。

 

文+写真でわかりやすいです。

 

 

ああいう形で作れればいいなぁと思います。

 

 

でも、このブログは文章ばっかりなので、

もしかしたら見にくいのかもしれませんが…

 

 

 

腰痛に困っている人へ〜

 

私イチオシの醤油です。贈り物などに!

 

災害の便乗かと思われるかもですが備えあれば憂いなしということで。

 

男性も女性も綺麗でいましょう!

 

身体をしっかり支えるマットレスで腰痛予防!

 

 

転職仲介業者についての個人的印象

f:id:kaigobilly:20191009234426p:image

介護業界に限らずですが、

転職エージェント・仲介業者が沢山あります。

 

それを使うことで、簡単に職探しができたり、

ある程度の相性が事前にわかったり、

様々な恩恵を受けることができたり、

個人では少し聞きづらい給与面の相談なども業者が代わって行ってくれます。

 

勿論、うまい話だけではなく、

業者を通しての紹介を無断で蹴って、

会社と直接交渉をしたりするとペナルティがあったり、

中には業者を通して就職した後、一定期間を過ぎるまで退職できない(したらペナルティ)

という所もあると聞きます。

 

また、仲介業者は、

紹介(人材斡旋)した職員が一定期間働くことで、

事業所から報酬がでます。

額はそれぞれですが、100万円を超える場合もあるようです。

 

 

事業所からすれば、一定のスキルや常識を持った人が来てくれるため、業者からの紹介を信頼できるし、

業者としても、報酬が出るために、よりスキルの高い職員を紹介できるように情報収集や、職員の能力などの現状を踏まえて意向の擦り合わせを行う必要があるために、

結果として紹介できる職員の質が高くなります。

 

双方にとって有益ですね。

 

 

 

ただ、

 

ここからは私の印象ですが、

大きい業者は知名度もあるため紹介できる事業所は多いですが、

職員とのそういった「擦り合わせ」がほとんどないため、連絡を密にとれないような印象があります。

(個人的印象ですよ!)

広く浅く…といった感じでしょうか。

 

 

 

実際に私も仲介業者を利用したことがあります。

 

その業者は決して規模が大きい所ではないですが、地域を絞って動いています。

スタッフが日々事業所と連絡を取り合い、情報収集をしたり、

ネットなどに事業所の紹介をしたり、普段から事業所に顔を出したりして着実に事業所との信頼関係を築いているところでした。

また、スタッフの福祉に対する知識量も凄まじく、安心して相談ができました。

 

その姿勢に応えるため、

もちろんこちらも生半可な気持ちでなく、真剣に話をしました。

 

そのため、ハローワークなどにはのらない求人を出したり、

特別に求人枠を出してくれる事業所もありました。

 

また、職員とも電話や面談をこまめに行い、

現在の能力、個性、居住地、賃金、希望職種などを踏まえ、

その人に合うだろう事業所をピックアップしてくれました。

 

 

 

 

大きいところはその組織力を活かした多方にわたる情報、

小さいところはその機動性を活かして事業所、職員と細やかな連絡、情報交換をし、

レアな求人を見つける…

 

といったイメージを持ちました。

 

 

 

勿論大きい業者でも、良い所は沢山あるでしよう。

規模の大きさを活かした特色もあるかもしれません。

 

でも私は、自分が住んでいる・働いている地域で、地元のローカル業者を推したいです。

 

地元ならではのコミュニティ、規模の小ささを活かした機動力があり、業者と利用者の距離も近いです。

 

 

転職を考えて、かつ同業に知り合いなどがいなくて、

何をどう動いていいかわからない…

 

という方、参考になればと思います。

 

 

 

ただ、ひとつ注意点。

 

私が利用した仲介業者のように、

 

知識をもち、

情報を常にアップデートし、

利用者や事業所と密に連絡をとり、

双方にとって有益となるよう努力している業者もあります。

 

「何かあったら辞めればいいや〜」

とか、

「斡旋後に業者を通さないで直接交渉する」

 

などの

 

義に反した行動はやめてください。

 

せっかくあなたのために動いてくれた業者を裏切ることになるばかりか、

事業所からも周囲からも信用されなくなりますよ。

 

 

 

意見は言う人により印象が変わる

f:id:kaigobilly:20191003205949p:image

 

会議などで、

利用者の対応や仕事の進め方などについて、

 

「●●するのはどうですか?」

「●●という案があります」

「こないだ研修(もしくは本やネットなど自分で学んだ知識)でこんなことを知ったんだけど、ここでやれそうじゃない?」

 

というような様々な提案があると思います。

 

 

それは仕事の効率化につながったり、

利用者に対しもっと良いケア、負担の少ないケア)につながることが期待できたり。

 

 

しかし、時には、(ほとんど?)

 

「でも人数が…」

「みんなができるとは限らないし」

「成功するとは限らないし」

「リスクがあるから…」

 

などと、

 

反対、否定的な話が返ってくることがあります。

 

客観的にみて、それが理にかなってるのであればいいのですが、

中には、

 

面倒くさい

一時的に仕事が増える

 

という気持ちが見え隠れしていることもあります。

 

そういう人たちの方が面倒くさいです(笑)

 

 

 

ところが、

同じ内容の意見や提案でも、

 

役職や発言力のある人(いい意味でも悪い意味でも)、看護や相談員、ケアマネなどの他の専門職が言った場合は、大した反対意見も出ずに話が進むことがあります。

 

そういう事例を沢山見てきて、その度にモヤモヤしていました。

 

お前らは人によって態度変えるんかい!

 

って。

 

 

 

これは、

 

好意的な人、声が大きい人(お局や老害とか(笑)権力がある人の意見は前向き(賛成)にとらえ、

あまり好きでない人や経験の浅い人などの意見は否定的(反対)

 

にとりやすいのかなと思います。

 

 

結局、

意見の「内容」でなく、「言う人」

によって決めているということで、

それは意見の内容を理解しているとはいえないでしょう。

 

 

提案者の好き嫌いや元々の印象(仕事ぶりなど)

によって捉え方が変わるなら、

いい意見を拾い損ねることにもつながりかねません。

 

それなら、

無記名で意見を募り、それについて会議などの公の場で議論したほうが良いでしょう。

意見を出す側も遠慮や忖度なく意見を出せるし、

出た意見全てを先行イメージなしで見ることができます。

 

会議などで事前に意見を集めておくのは、

スムーズな進行のためというのもありますが、

こういう側面もあると考えています。

 

 

人によって考えを変えるようなものであれば、

たとえある程度話がまとまったとしても、

 

それが周知されないかもしれないし、

何のためにその取り組みを行うのかわからず、

ただ機械的、事務的に行うことにもつながります。

 

対人援助職としては致命的です。

 

 

 

それを逆手にとって、

上司などを味方につけ、そこから発信してもらうという手もあります。

ただし客観的にみて確実に利用者・事業所にとってプラスになる意見で、

目的がハッキリしているもののみにしてください。

 

 

介護職はオールラウンダー!

f:id:kaigobilly:20191001070853p:image

時々見聞きする、

 

介護の専門性とは?

 

という話題。

 

 

皆さんは、介護の専門性というと、何を思い浮かべますか?

これは人によって様々なものをイメージすると思います。

 

ただ、介護福祉士は国家資格なのに業務独占ではないし、中々に不憫な扱いを受けてると感じている人もいるかもしれません。

 

 

正直なところ、私も、介護の専門性と聞かれると答えに詰まります。

 

これはぜひ色々な意見を聞いてみたいところです。

 

 

ただ私が思うのは、

 

「介護職として動くには、

介護技術はもとより、

医療知識、栄養の知識、

快適な離床や臥床姿勢等の知識、

身体の動かし方の知識、

時にはホテルマン並みの接遇、

相手によって反応を変え、想いを引き出すコミュニケーション技術、

文章力、関係法案の把握、家事能力等」

 

これです。

 

これらが求められてくるし、自然に身についてきます。

 

 

移乗介助一つとっても、

 

声かけ等のコミュニケーション、

目視や相手の反応による体調確認

ボディメカニクス

シーティング

 

最低でもこれくらいは行ってると思います。

 

介護以外の分野を理解していないとできませんよね。

 

 

さすがに資格持ちの専門職には及びませんが、

(定められた専門的な教育を受けたわけじゃないですからね)

 

少なくとも話についていけるくらいの知識がないと仕事になりません。

 

 

 

なので、私が思うに、

 

介護は何でもできるが何もできない。

 

だから専門性を確立しづらいのかなと思います。

 

幅広い分野に精通しているが、専門職と肩を並べるまでにはいかない。

介護福祉士で他分野の資格分も担保できるわけではないので、結果として特化しているものが見えづらく、

社会的評価も低くみられるのかなと思います。

 

 

ただし、利用者からみれば、

とても頼りになる存在だと思います。

 

介護福祉士しかできない専門的な●●」

というのはもしかしたらないのかもしれませんが、

利用者の生活の困りごとの

だいたいのことは答えて(応えて)くれる。

 

しかも、利用者の身近にいるため、わずかな心身の変化にも気づくことができます。

数値や記録などでは見えないものが。

 

こういった特徴のため、専門性とくくるのが難しいのかもしれません。

 

 

看護ほどではないが医療の知識がある。

栄養士ほどではないが栄養面の知識がある。

機能訓練指導員ほどではないが快適な姿勢づくり、ボディメカニクス等の知識がある。

相談員、ケアマネほどではないがコミュニケーション技術がある。

 

 

これって誇れることだと思います。

 

 

 

介護職は、RPGで言うなら、

 

「勇者」

 

なのかなと思います。

 

 

戦士ほど攻撃、防御に特化していない。

魔法使いほど魔法は使えない。

盗賊(シーフ)ほど素早くトリッキーではない。

勇者って何に特化してるの?て思いません?

 

 

しかし勇者は、

目の前に迫った危機をいち早く察知し、

それぞれの分野に特化した仲間たちに的確な指示(さくせん)を出し、

協力して目的を達成していく。

 

 

「これって介護現場に当てはまるのでは!」

 

とゲーマーの私は思います^_^

 

そんなことを考えながら仕事をしていると、

何となく仕事も楽しく思えてきます。

趣味や活動をしてもらう前に考えること

f:id:kaigobilly:20190929222452p:image

施設で利用者が過ごす際、

「好きなことを続けてもらおう」

「趣味を調べてそれをやってもらおう」

「昔していたこと(家事など)をしてもらおう」

 

という声を多く見聞きします。

 

それ自体は良いことだと思います。

 

役割があることでの自信がついたり承認欲求などが満たされる

マンネリ化しがちな施設生活において楽しみや刺激になる

手先や脳の運動。また箸で食事をする・食器を拭くなど、内容によっては機能訓練にもなる

 

などでしょうか。

 

特に役割作りは個人的にとても大事だと思うし、「社会に貢献している」といった自信にもつながります。

 

中には見学者の案内を利用者が行なっている事業所もありました。

 

上げ膳据え膳な事業所を多くみてきていたため、これには驚きました。

ここに至るまでに相当な仕込み、努力、検証などを行なっていたと聞きました。

 

 

 

少し話が逸れました。

 

はじめに書いた趣味や生活習慣、好きなことなどを提供する前に、考えておきたいことがあります。

 

・なぜ、それらの活動が今はしていないのか。できないのか?しなくなったのか?

・現在の心身状態でそれらの活動が行えるのか。

・活動「内容」だけにとらわれていないか。

(活動の場所や他者との関わりはあったのかなど)

・その人の思い描いている活動と事業所の提供する活動で目的やイメージの違いはないか。

(仕事で計算をしていた人に対してただ計算ドリルをひたすらしてもらうなど)

 

こんなところです。

 

 

まず、今までしていた活動を

 

しなくなった

のと、

できなくなった

 

のでは、利用者の心理もこちらのアプローチも変わってきます。

 

 

しなくなったのなら、それはなぜなのか。

認知面の低下?

意欲の低下?

家庭環境?

それはなぜ起こった?

 

と、掘り進めていく必要があるし、

 

できなくなったのなら、

病気?

麻痺?

体力の低下?

 

というように、こちらも掘り進めていく必要があります。

 

 

わかりやすく言うと、

 

貴方は片手に麻痺が出ている状態でゲームできますか?

勝手が違うのに家事できますか?

 

ということです。

 

気難しい人であれば、

「できないの知っててバカにしてるのか!?」

 

気の弱い人であれば

「もうこういうのもできなくなっちまって…」

と自信喪失

 

てなりかねません。

 

 

 

もう一つは、

 

 

当時の活動と全く同じ環境で同じものは提供できない。もしくは難しい

 

ということです。

 

例えば、

ゲームひとつとってもファミコンからPS4と幅広いですよね。

音楽だってジャンルは幅広い。

絵だって、書き物だって、幅広い。

 

 

それを、

 

習字が好きだという理由で

その辺のキットを渡してあとはよろしく!

 

とか、

 

音楽が好きだという理由で

延々と童謡を聴かせる

 

とか、

 

家事をしていたという理由で

延々と茶碗拭きををさせている

 

など、

 

よく調べもせずに、

「とりあえず今あるものでそれっぽいのやっときゃいいだろ」

 

的なものはただの自己満足になりかねません。

 

 

習字を通して友人と交流することが好きなのかもしれない。

フロアで音楽を聴くのではなく、自分のプライベートスペースでゆったりと聴くのが好きなのかもしれない。

家族のために家事をすることが役割として根付いてるのかもしれない。

(なんで見ず知らずの家の家事しなきゃならないんじゃいっ!て思いますよね)

 

 

そういった背景を調べず活動そのものだけにとらわれて、

こちらの都合のいいような解釈で活動を提供することにならないよう気をつけなければなりません。

 

 

現在の心身状態を踏まえ、難しい部分をサポートすればできるのか。

 

そして、

 

活動を通じて

何を求めているのか、

何を楽しみにしているのか、

何が生きがいなのか。

 

 

活動を提供する前に、

じゅうぶんな情報収集、もしくは継続した情報収集を行っていく必要があると思います。