闘え!介護職

介護施設での実体験、学んできた知識等を書いていきます。主に施設の介護職員向きです。現場での悩みや葛藤に対し色々な考え方や方法を提案するという形で闘っていきます。

会議・カンファレンス

介護現場における転倒等の事故及びヒヤリハットの対応ポイント

介護現場において、 事故・ヒヤリハット は、避けて通れない道であるといっても過言ではありません。 その場に出くわした時、利用者対応をして報告書を書いてカンファレンスをして… そして時には上司のダメ出しと共にやり直しの指示がくることも。 正直時間…

介護職は情報戦。いかにデータを集めて分析するか

「介護の仕事って肉体労働だと思いますか?」 こういう質問をすると、おそらくほとんどの人が、 「YES!YES!YES!」 って答えるかなと思います。 でも私はあえて、 「介護の仕事は頭を使う仕事(情報戦)である」 と主張したいです。 情報を集めて整理して分…

介護施設の職員に必要な「説明力」

「介護が指示を聞かない」 「看護は何も利用者をわからず利用者を受診につなげない」 「相談員・ケアマネは現場を知らないで口ばっかり出す」 「上司(管理者)は現場がこんなに大変なのに何もわかってない。何も買ってくれないし人もいれてくれない」 こんな…

施設の利用者が亡くなった時、それを他の利用者に伝える?伝えない?

特養などの施設では、看取りを行っている事業所があります。 看取りを行なっていなくても、病気や老衰などで残念ながら施設で亡くなる人もいます。 施設で利用者が亡くなった場合、周りの利用者への対応はどうするか。 そんなことを考えました。 施設で利用…

申し送りの仕方

介護現場において、 申し送り は、言うまでもなく大事なものですよね。 利用者の情報 利用者の体調 利用者の変化 直近の様子 注意点 対応変更の有無 など、業務前に必ず把握し、周知されていなくてはなりません。 そんな申し送りについての話です。 申し送り…

利用者の観察・評価をするポイントは「具体的」に示せ

新しい利用者が来た、 対応を変えた、 具合が悪い利用者がいる… こういう時よく、 「様子を見てください」 とか、 「観察してください」 などと言われます。 でも、その記録が薄かったり観察が甘かったりで、全然ケアに繋げられないケースがあります。 それ…

看取りケアは生活の一部分にすぎない

介護の仕事、特に特養などの施設サービスでは、 利用者の死に関わることが多いと思います。 だんだん食事がとれなくなり、体力が落ち、臥床の時間が多くなり、反応も乏しくなり… 一説には、身体が死への準備をしている とも言われているそうです。 いわゆる…

胃ろうの利用者が再び食事をとれるようになった事例

介護施設、特に特養のような介護度が高い利用者が多い事業所の場合、食事をとることができずに鼻腔や胃ろうから栄養を流している利用者もいると思います。 そういった利用者を再度食事がとれるまでに至り、事故もトラブルもないまま進んだといった事例を紹介…

介護現場で効率的かつスムーズに会議を進行させるために必要なこと

介護施設では、大小ありますが様々な会議が行われています。 そこには、 職種、性別、年代、上司部下など、様々な参加者がいます。 当然、考え方や専門分野も違います。 そういった人たちが同じ場に集まり話をするという状態なので、 話がまとまらなかったり…

休憩や休日を削ってまで働く必要はない

職員の中にまれに 休憩時間を削って利用者の対応をしている 休日に利用者の頼まれ物(買い物など)をしている 休日に出てきて利用者対応をしている(緊急時を除く) 職場に物品が足りなく、自分で用意して寄付という形で職場に提供している こういう人、いません…

制限だけなら専門職じゃなくてもできる

以前、生活に制限をかけることに関して書いてますが、その食事編です。 その時のブログはこちら。↓ https://www.kaigobilly69.net/entry/2019/04/25/184817 ここから本題です。 介護施設内で利用者に 食事や飲み物について制限をかける ところは多いと思いま…

「経営状態が悪い」を他人事と思わないで

施設に限らず、事業所を運営していくには、 運営できるだけの収入(利益) を確保していかなければなりません。 これは、経営者や幹部及び特定の部署だけの問題でなく、そこで働く全ての職員が意識しなければなりません。 毎月、月の収支(実績)をまとめて、 「…

看取り期の食事中止の判断のタイミング

看取り期が近くなる・看取り期に入ると、食事量が落ちてきます。 ターミナルケア移行の大まかな基準として、 食事がとれなくなったら という事業所もあります。 やがて食事も全く受け付けなくなるでしょう。 どこかで「食事中止」の判断に踏み切らなければな…

意見は言う人により印象が変わる

会議などで、 利用者の対応や仕事の進め方などについて、 「●●するのはどうですか?」 「●●という案があります」 「こないだ研修(もしくは本やネットなど自分で学んだ知識)でこんなことを知ったんだけど、ここでやれそうじゃない?」 というような様々な提案…

好きで身体拘束をしたいわけじゃない

身体拘束について先日テレビで放送されてましたね。 これについては様々な意見が出ているようです。 身体拘束については、原則禁止ですが、 緊急かつやむを得ない場合に限り、 「切迫性(利用者本人または他の利用者等の生命または身体が危険にさらされる可…

雑談の中に本音が見える

ケアマネ時代の事例をもとにお話します。 とある人が看取り対応へ移行するということで、 看取りプランを作成しました。 その際、 家族に意見や想いを訪ねても、 「特に何もありません。お任せします」 と言われることがほとんどでした。 これは通常のケアプ…

無意識に行なっている「意見の押し付け」

外部研修や最近ではSNSなどで、介護現場の様々な事例や悩みなどを話したり、投稿したりする場面を多くみかけます。 それに対する注意点をまとめました。 様々な事例、困りごとなどに対し、 自分や自分の事業所の経験、体験を 「参考程度に」 伝えるのは良い…

注意喚起だけでは改善はしない

よく申し送りなどで、 「食事(水分)量が少ないから注意して下さい」 「掃除や物品の補充忘れがあるので注意して下さい」 「記録が薄いので改善してください」 等の話題がでるかと思います。 こういった話を聞くたびに思うのですが、 これだけで注意喚起がで…

介護とケアマネの兼任時の注意点

施設ケアマネの中には、 介護職と兼任している場合もあります。 今日はそういった場合の注意点についてです。 専任の場合は、 その利用者を完全に客観的にみることができる反面、 利用者の細かい状態や状況は介護や看護に比べ把握しづらいです。 これを記録…

否定する前に筋を通せ

仕事をしていると、 色々な取り組みをすると思います。 その中には、 自分の思うやり方と違っていたり、 納得のいかない内容のものも出てくると思います。 そういったものに対し、 「これは利用者には適さない」 「このやり方はおかしい」 などと言い、 適当…

ケアプランはシンプルに

介護関係者なら、 ケアプラン を知らない人はいないと思います。 ケアプランがないと、 利用者が今どういう状態・状況で、 何に困っており、 どういう生活を送りたいのか、 そのためにどのような支援をしていけばいいのか等がわかりませんよね。 本来であれ…

施設ケアマネは冷遇されているか?

施設において、ケアマネの存在は重要です。 配置義務があるからではありません。 ケアマネの主な業務内容として、 入退所調整及び手続き インテーク アセスメント、それに伴う各職種からの情報収集 新入所のケアプラン作成 認定更新、状態変化によるケアプラ…

現場の工夫だけでは限界がある

ここ最近、介護施設での事故による訴訟の報道が相次いでいます。 報道からは断片的だったり憶測が混じっているため個々のないようについてのコメントはしませんが、 こういう報道があると大体の施設は、 利用者の行動を予測して事故を防ごう 見守りを強化し…

無理して専門用語は使わなくていい

介護の仕事をしていると、普段の会話や記録などに 専門用語 が多く出てくると思います。 KT BD spo2などのバイタル系、 KOT(排便) SS(ショートステイ) DS(デイサービス) SW(相談員などのソーシャルワーカー) CM(ケアマネ) BPSD(周辺症状) などの横文字系から…

ダメ出しだけでなく一緒に考えて

利用者への対応で困った事例があったり、 事故の対応の検討などで職員で話し合ったりしますよね。 そのあたりのモヤモヤを書きます。 通常、そういったものに対しては、 直属の上司、必要時は更に上位職であったり、 他の分野の領域であればその専門職に意見…

施設で物やお金が無くなったと言われたら

介護施設において、利用者から 物が無くなった お金がなくなった という訴えがあったらどうしますか? というのも、先日とある記事で、 利用者の私物が無くなったという訴えがあり、 その訴えをそのまま鵜呑みにして、たまたまその日の担当だった職員を犯人…

全員同じケアが平等ではない

今日は介護現場における 平等について 書いてみたいと思います。 皆さんは 「平等」 についてどういうイメージですか? 全員同じ対応をすることでしょうか? それとも、 個別に必要な対応を行なっていくことでしょうか? というのも、今まで経験してきたこと…

自立に向けたケアとリスクという名の過剰なケア

今日は、自立・自律に向けたケアと、 リスク管理 について考えていきたいと思います。 こんな事例ありませんか? 過去に転倒・転落をした、もしくはしそうなため、歩ける可能性があるけど車椅子対応 一度むせたから食事形態を下げる 前に部屋で落ち着かなか…

「普通」「常識」は使わないで

仕事について、 「普通はこうするよね」 「こうするのは常識でしょ?」 こんな言葉、言われたことがありませんか? 私はこの言葉が非常に気に入りません。 それは、

一人で仕事を抱えすぎないで

ふだん介護現場で仕事をしていると、突発的に増える業務があると思います。 行事などの企画〜当日の段取り〜振り返り 事故などの検証のデータ取り 対応検討のための検証 会議の企画〜当日の段取り 各種委員会 などです。